【あつ森】北米の『あつまれ どうぶつの森』商品情報ページから “ゲーム内購入” 表示が削除

あつまれ どうぶつの森 (Animal Crossing: New Horizons)

[追記]
2月13日時点で、任天堂アメリカ公式サイトの『あつまれ どうぶつの森』(Animal Crossing: New Horizons) 商品情報ページに表示されていた ESRB のレーティング情報から、“In-Game Purchases” が削除されていることが確認されています。

少なくともゲーム発売時点では課金要素は含まれないのかもしれません。

[オリジナル記事]
「たぬき開発」がプレイヤーに要求するのはゲーム内通貨のベルだけではないかもしれない。

3月20日、いよいよ『どうぶつの森』シリーズ最新作『あつまれ どうぶつの森』(海外名称 Animal Crossing: New Horizons)が Nintendo Switch で発売されます。最新作の舞台は「無人島」。たぬきちの会社「たぬき開発」がプロデュースする「無人島移住パッケージプラン」に参加して、島での生活を始めることになります。

プレイヤーは無人島で自由な暮らしを楽しめる一方で、またしてもたぬきちの厄介になるわけですが、『あつ森』にはリアルマネーを使った課金要素も導入されていることが明らかになっています。

『あつまれ どうぶつの森』に課金要素、DLCかサブスクか

『あつまれ どうぶつの森』の課金要素は任天堂アメリカ公式サイトの商品ページから明らかになったもの。

北米のレーティング ESRB (Entertainment Software Rating Board) の備考にて “In-Game Purchases” (ゲーム内購入) が確認されたことから、『あつまれ どうぶつの森』に何らかの課金要素が導入されていることが判明しています。

あつまれ どうぶつの森

任天堂は Nintendo Switch で、より長く深く遊べるよう多くのタイトルで追加コンテンツを導入。

追加コンテンツが発売されている『ファイアーエムブレム 風花雪月』や『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』『ルイージマンション3』といったタイトルのレーティング表示では、今回の『あつまれ どうぶつの森』と同様に “In-Game Purchases” の表示を確認することができます。

一方、ソフト発売時点で有料追加コンテンツのアナウンスが無かった『ポケットモンスター ソード・シールド』や『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』などのタイトルは記載なし。

現時点で、具体的にどのような形の課金要素が『あつ森』内に実装されるのかは不明です。有料アイテムを単品で販売するのではなく、ある程度のボリュームがあるコンテンツパックということも考えられます。

あるいはモバイルゲーム『どうぶつの森 ポケットキャンプ』で行っている「ポケ森 友の会」のようなサブスクリプション形式のサービスということもあるかもしれません。

ちなみにESRBは “In-Game Purchases” を、デジタル商品または報酬を現実世界の通貨で購入するゲーム内オファーが含まれると定義。

オファーはたとえばボーナスレベルやスキン、ルートボックス、ミステリーボックス、音楽、仮想コインなどのゲーム内通貨、サブスクリプション、シーズンパス、広告を非表示にするアップグレードなどが該当します。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible