アートディンク、Nintendo Switch向けに任天堂系『A列車で行こう』最新作を開発中

A列車で行こう 3D NEO

アートディンクは2月12日、任天堂の家庭用ゲーム機 Nintendo Switch 向けに、『A列車で行こう』シリーズ最新作の開発を進めていることを Twitter で明らかにしました。

公式は京都タワーを写した画像をあわせて「今日も京都で打ち合わせ」と投稿。高評価を得たニンテンドー3DS版に続く任天堂系『A列車で行こう』の最新作プロジェクトが進行中であることを報告しています。

Nintendo Switch でA列車で行こう最新作

『A列車で行こう』シリーズ(『III』以降)は、「都市開発」「鉄道運営」「会社経営」の3要素を併せ持つ、アートディンクを代表する都市開発鉄道会社経営シミュレーションゲーム。

『シムシティ』などのように直接街づくりを行っていくのではなく、プレイヤーは鉄道会社経営を軸として、間接的に街の発展に寄与していくことになります。

本格的でリアルな街づくり、鉄道ゲームを楽しめるPC版やPS4版も発売されているなかで、充実した親切丁寧なチュートリアルやプレイしやすさで好評を博したのが、ニンテンドーDS版やニンテンドー3DS版。

評価の高い『A列車で行こうIV』をベースにしたクォータービュー箱庭画面やシステム、快適なタッチ操作が導入。携帯機向けに最適化され、奥深くじっくり楽しめるゲームに仕上がっていました。

Nintendo Switch 向けの『A列車で行こう』最新作が過去のいずれかのタイトルをベースにしているのか、あるいは完全新作となるのかどうかはまだ明らかにされていません。

リアル系も良いけれど、“任天堂系A列車で行こう” だとされているように、ニンテンドーDSや3DSで実現したプレイしやすさも大事にされていることを期待したいところ。

街がある程度発展した後でも快適さを損なわないように。

スイッチでいつでも、どこでも都市開発を楽しめる日がそう遠からずやってきます。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。