噂:任天堂は現在3つの『メトロイド』タイトルを開発中

メトロイド

『メトロイドプライム4』の開発が進められている任天堂のアクションゲームシリーズ『メトロイド』に、また新たな噂が出ています。

インサイダーグループのLeakyPandyによると、任天堂は現在Nintendo Switch向けに、『メトロイドプライム4』以外に2つのメトロイドタイトルに取り組んでいます。

1つは以前も噂になっていた『メトロイドプライム』3部作をまとめた『メトロイドプライム トリロジー』のHDリマスター。もう1つはスーパーファミコンの名作『スーパーメトロイド』のリメイクです。

メトロイドに関する噂

インサイダーグループのLeakyPandyがTwitterに、任天堂は2つのメトロイドタイトルを計画しており、それぞれ次の2会計年度内(2021年3月期、2022年3月期)に発売されると投稿。1つはたびたび噂になる『メトロイドプライム トリロジー HD』、もう1つは『メトロイド サムスリターンズ』ライクなシステムを導入した『スーパーメトロイド』のリメイクだといいます。

『メトロイド サムスリターンズ』は2017年にニンテンドー3DSで発売された、1992年にゲームボーイで発売されたシリーズの第2作目『メトロイドII RETURN OF SAMUS』をフルリメイクした作品。開発はスペインのMercurySteam (『Castlevania: Lords of Shadow』シリーズなどを開発) が担当し、非常に良いリメイクに仕上がりました。

今年初頭、Imran Khan 氏(当時Game Informer誌のシニアエディターで現在はフリーランス)が『メトロイドプライム トリロジー HD』はすでに完成しており、2018年末には発表される予定だったと述べていました。さらにスウェーデンの小売店にはNintendo Switch版『メトロイドプライム トリロジー』の商品情報が掲載されました。Unseen64のLiam Robertson氏もその存在に言及したことがありました。

Khan 氏はまた、任天堂は『メトロイドプライム4』『メトロイドプライム トリロジー』とは別のメトロイド関連プロジェクトを進めているとも指摘。噂と噂を重ねるのもあれですけれど、つまり2Dメトロイドのことを指していたのかもしれません。

ゲーム業界ではシリーズの新作発売までにリマスターやリメイクを挟むことがたびたびあります。

任天堂も『ゼルダの伝説』で『スカイウォードソード』と『ブレス オブ ザ ワイルド』の間に『風のタクト』と『トワイライトプリンセス』をHDリマスター/リメイク。『ブレス オブ ザ ワイルド 続編』の前に『夢をみる島』を発売しています。

『メトロイドプライム4』は2017年のE3で発表されました。しかし、当初の開発チームでは任天堂の目指すクオリティに届かなかったために、オリジナル3部作を開発したレトロスタジオが担当することになったことが2019年1月に発表されました。

一からの仕切り直しとなった『メトロイドプライム4』は、完成まで少なくとも数年はかかるとみられています。その間、過去作品を活用するなどして、空白期間を埋める、間をつなぐことになるのかどうか。

ちなみに『メトロイド』と『スーパーメトロイド』に関しては、Nintendo Switch Onlineに加入するとダウンロードできる『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』や『スーパーファミコン Nintendo Switch Online』内で遊ぶことができます。

これらソフトは巻き戻し機能や中断機能が搭載されており、実機よりも気軽にプレイできます。

当時の操作感でゲームをプレイできる任天堂公式のファミコン/スーパーファミコンコントローラーも、加入者限定特典として販売されています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible