2019年11月15日に世界ローンチをはたしたNintendo Switch向けポケットモンスターシリーズ最新作『ポケットモンスター ソード・シールド』の国内推定販売本数が、速報としてファミ通から発表されました。

初週分となる発売3日間の推定売上は136.5万本(66万本だった『ポケモン ピカブイ』と比べて2倍以上の出足)。同じファミ通調べで初週123.8万本だった『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』を上回り、『ポケモン剣盾』は国内Nintendo Switchソフトの歴代1位を更新しました。

『ポケットモンスター ソード・シールド』が、UKだけでなく、日本でも『スマブラSP』を上回るSwitchソフトとして過去最高の初動でデビューを飾りました。

ちなみに歴代ポケモン本編タイトルの主なものの初週売上本数(推定)は次のようになっています。

  1. 263.7万本 : ポケットモンスター ブラック・ホワイト(2010年、ニンテンドーDS)
  2. 209.6万本 : ポケットモンスター X・Y(2013年、ニンテンドー3DS)
  3. 190.5万本 : ポケットモンスター サン・ムーン(2016年、ニンテンドー3DS)
  4. 161.9万本 : ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(2012年、ニンテンドーDS)
  5. 158.6万本 : ポケットモンスター ダイヤモンド・パール(2006年、ニンテンドーDS)
  6. 153.5万本 : ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア(2014年、ニンテンドー3DS)
  7. 142.6万本 : ポケットモンスター 金・銀(1999年、ゲームボーイ)
  8. 140.9万本 : ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー(2009年、ニンテンドーDS)
  9. 124.5万本 : ポケットモンスター ルビー・サファイア(2002年、ゲームボーイアドバンス)
  10. 120.0万本 : ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン(2017年、ニンテンドー3DS)

またこの週のNintendo Switchファミリーの販売台数は18.0万台を記録。2週ぶりに10万台を上回り、任天堂の公式発表に続いて、ファミ通調べにおいても累計販売台数が1,000万台を突破しました。

  • 『ポケットモンスター ソード・シールド』国内推定販売本数:1,364,544本
    (集計期間:2019年11月15日 ~ 2019年11月17日/販売日数:3日間)
  • Nintendo Switch(Nintendo Switch Lite含む)国内推定累計販売台数:10,065,797台
    (集計期間:2017年3月3日 ~ 2019年11月17日)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible