NPDグループのレポートによると、2019年9月のアメリカゲーム小売市場の規模は12億7,800万ドルでした。前年9月と比べて8%の減少。

次世代機発表で売上が鈍るハードウェアが22%減の2億4,000万ドルと大きく減少。ホリデー商戦へ向けた新作タイトルが発売され始めたソフトウェアも4%減の7億3,200万ドルで前年に届きませんでした。

周辺機器・アクセサリ類も7%減少し、すべてのカテゴリで前年割れとなっています。

2019年9月 米ゲーム小売市場規模

ハードウェア:2億4,000万ドル(▲22%)
ソフトウェア:7億3,200万ドル(▲4%)
周辺機器・アクセサリ:3億800万ドル(▲7%)
合計:12億7,800万ドル(▲8%)

※ソフトウェア売上高はPC、コンソール、携帯機のパッケージ版ソフト売上およびSteam、PS、Xboxにおける本編ダウンロード版の売上高を含む(一部を除く)

ソフトウェア:『NBA 2K20』がスポーツゲーム史上最大ローンチで1位

『NBA 2K20』や『Borderlands 3』をはじめとする新作が好調なローンチを記録しているソフトウェア市場ですが、売上高は前年同月と比べて4%減少の7億3,200万ドルでした。

ワンツーを飾ったTake-Twoタイトルのほかにも、3位の『FIFA 20』、4位『ゼルダの伝説 夢をみる島』、7位『Gears 5』、8位『Code Vein』、9位『NHL 20』とトップ10内に多数の新作がデビュー。また10月4日発売だった『Tom Clancy’s Ghost Recon: Breakpoint』も、10月5日までだった集計期間の関係で9月の月間6位に入っています。

昨年は『Marvel’s Spider-Man』が9月のソフト市場を牽引。今年のNintendo SwitchやXbox Oneソフト市場拡大でも、PS4市場の反動減を相殺することはできませんでした。

2019年9月 月間USチャート トップ20

  1. NBA 2K20
  2. Borderlands 3
  3. FIFA 20
  4. The Legend of Zelda: Link’s Awakening (ゼルダの伝説 夢をみる島)*
  5. Madden NFL 20
  6. Tom Clancy’s Ghost Recon: Breakpoint
  7. Gears 5**
  8. Code Vein
  9. NHL 20
  10. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  11. Minecraft***
  12. Grand Theft Auto V
  13. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  14. Spyro Reignited Trilogy
  15. Red Dead Redemption II
  16. Tom Clancy’s Rainbow Six: Siege
  17. Plants vs Zombies: Battle For Neighborville
  18. Marvel’s Spider-Man
  19. Catherine
  20. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)*

*デジタル販売を含まず
**Steamのデジタル販売を含まず
***PS4/Xbox Oneのデジタル販売を含む

NPDのアナリストMat Piscatella氏によると、2019年のソフト売上高は39億ドルで、2018年と比べてほぼ横ばい。中でもNintendo Switchのソフト売上が伸びており、他プラットフォームの減少分を補っているということです。

初登場1位を飾ったのは、今やスポーツゲームでアメリカ最大人気シリーズとなった『NBA 2K』シリーズの最新作『NBA 2K20』でした。

今年もローンチから絶好調で、月間のみならず年間売上でも早くも1位を獲得。スポーツゲームとして過去最高の初月売上を記録した『NBA 2K19』を上回る数字を残しています。

2位に入った『Borderlands 3』も、フランチャイズの初月販売記録を更新する印象的なデビューを飾りました。こちらも発売1か月目にして年間3位に入る素晴らしい立ち上がりを見せています。

2019年 年間売上トップ10

  1. NBA 2K20
  2. Mortal Kombat 11
  3. Borderlands 3
  4. Madden NFL 20
  5. Kingdom Hearts III (キングダム ハーツ III)
  6. Tom Clancy’s The Division 2
  7. Anthem
  8. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  9. Resident Evil 2 2019 (バイオハザード RE:2)
  10. Grand Theft Auto V

過去12か月の売上トップ10

  1. Red Dead Redemption II
  2. Call of Duty: Black Ops IIII
  3. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  4. NBA 2K20
  5. Mortal Kombat 11
  6. Borderlands 3
  7. Madden NFL 20
  8. NBA 2K19
  9. Battlefield V
  10. Kingdom Hearts III (キングダム ハーツ III)

Xbox One

  1. Borderlands 3
  2. NBA 2K20
  3. Gears 5
  4. FIFA 20
  5. Madden NFL 20
  6. Tom Clancy’s Ghost Recon: Breakpoint
  7. NHL 20
  8. Plants vs Zombies: Battle For Neighborville
  9. Tom Clancy’s Ghost Recon: Wildlands
  10. Grand Theft Auto V

PlayStation 4

  1. NBA 2K20
  2. Borderlands 3
  3. FIFA 20
  4. Madden NFL 20
  5. Tom Clancy’s Ghost Recon: Breakpoint
  6. NHL 20
  7. Code Vein
  8. Marvel’s Spider-Man
  9. Catherine (キャサリン・フルボディ)
  10. Minecraft
【PS4】NBA 2K20
メーカー : テイクツー・インタラクティブ・ジャパン

Nintendo Switch

  1. The Legend of Zelda: Link’s Awakening (ゼルダの伝説 夢をみる島)*
  2. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  3. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  4. Spyro Reignited Trilogy
  5. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)*
  6. Super Mario Maker 2 (スーパーマリオメーカー2)*
  7. Dragon Quest XI S: Echoes Of An Elusive Age (ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S)*
  8. Astral Chain (アストラルチェイン)*
  9. New Super Mario Bros. U Deluxe (Newスーパーマリオブラザーズ U デラックス)*
  10. Super Mario Party (スーパー マリオパーティ)*

Nintendo 3DS

  1. Pokemon: Ultra Sun (ポケットモンスター ウルトラサン)*
  2. Pokemon: Ultra Moon (ポケットモンスター ウルトラムーン)*
  3. Super Mario Maker (スーパーマリオメーカー for Nintendo 3DS)*
  4. The Legend of Zelda: Majora’s Mask 3D (ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D)*
  5. Mario Kart 7 (マリオカート7)*
  6. Super Mario 3D Land (スーパーマリオ 3Dランド)*
  7. Super Smash Bros. (大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS)*
  8. The Legend of Zelda: Ocarina of Time 3D (ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D)*
  9. Minecraft*
  10. Luigi’s Mansion (ルイージマンション)*

ハードウェア:Nintendo Switchが1500万台を突破

ハードウェア市場はNintendo Switchがトップ。月間および年間でハード市場を牽引しています。9月20日にNintendo Switch Liteが発売されハード売上を後押し。米国における販売台数が1500万台を突破しました。Nintendo Switchは今年、そしてこの9月に売上を伸ばしている唯一のプラットフォームです。

2013年末の発売から今年で6年になり、来年の次世代機投入も発表されているPS4とXbox Oneの市場は縮小が続いています。こうした結果、2019年9月のハードウェア市場の売上高は1年前と比べて22%減少して2億4,000万ドルでした。年初来の売上高も前年と比べて21%減って19億ドルでした。

周辺機器・アクセサリ

周辺機器・アクセサリ市場も売上が減少しています。9月は7%減少して3億600万ドルでした。年初来の売上高も1年前と比べて2%減の26億ドルとなっています。ただそうした中でも、新作が発売された『amiibo』の売上は好調でした。『amiibo』を含むインタラクティブ・ゲーミング・トイ(Toys-to-Life関連商品)分野の売上は、1年前と比べて8倍以上にも急増。新作の「大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ」(ゼニガメ、フシギソウ、スネーク)や「ゼルダの伝説シリーズ」(夢島リンク)が大きく寄与しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Amazonで買い物をするなら、Amazonギフト券に残高をチャージ(入金)して支払いをするのがおすすめです。

チャージタイプのAmazonギフト券(Amazonチャージ)は、現金でチャージ(残高を追加)するたびに、チャージ額に応じてポイントが貯まります。通常会員は最大2.0%、プライム会員なら最大2.5%還元。クレジットカードを使わず、Amazonで買えるほぼすべての商品で利用可能。

有効期限は発行から10年間。余裕をもって使えます。

Amazonチャージで残高を追加する

さらに今なら、初回チャージで1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンが実施中。

Amazonチャージ 初回購入で1,000ポイントキャンペーン