テヨンジャパンはNintendo Switchソフト『ムーンライター 店主と勇者の冒険』(開発元:Digital Sun)について、報告されている不具合の修正を含むアップデート「Ver 1.0.0.1」をリリースしました。

ムーンライター Ver.1.0.0.1にアップデート

『ムーンライター 店主と勇者の冒険』Nintendo Switch版の更新データ「Ver.1.0.0.1」が10月17日より配信開始。アップデートを適用するとゲームが進行できなくなるなど既知の不具合が修正され、快適にプレイできるようになります。

■Ver.1.0.0.1 パッチノート■

  • 起動時に発生するクラッシュを修正しました。
  • ダンジョン内でチェストを開けると発生するクラッシュを修正しました。
  • 同じアイテムをチェストからインベントリに上書きする不具合を修正しました。
  • サポートモンスターの卵がNew Game+でも入手できるように修正しました。
  • チェスト型のサポートモンスター「ミミックン」が拾ったアイテムにアクセスできない問題を 修正しました。
  • 「エディーズバンク」を使用した後に発生する永続的ロードの問題を修正しました。
  • カレンダーを一周すると発生する永続的ロードの問題を修正しました。
  • エンブレム使用時に発生する永続的ロードの問題を修正しました。
  • L3ボタンでアイテムを並びかえた時に、同じアイテムが加算されない問題を修正しました。
  • 武器作成時に消費する材料の量が正しく表示されない問題を修正しました。
  • 「ル・リテイラ」の商品が正しく表示されない問題を修正しました。
  • 「ウィッチハット」のポーションの値段が正しく表示されない問題を修正しました。
  • 素手またはグローブで攻撃した時にダメージが正しく表示されない問題を修正しました。
  • New Game+で「!マーク」が「ウィッチハット」に正しく表示されない問題を修正しました。
  • ダンジョン脱出時に表示される「セントロン」の中ボスのアイコンを修正しました。
  • セールボックスに同じアイテムを入れるとアイテムが消える問題を修正しました。
  • New Game+でセールボックスで販売したアイテムが正しく表示されない問題を修正しました。
  • 一部のモンスターの死亡アニメーションを調節しました。
  • より快適に遊べるよう幾つかの調節を行ないました。

“ムーンライター”とは、昼間の本業だけでなく夜間に別の仕事をしている、月明かりの下で働いているイメージから生まれた、二重就業者を指す言葉。『ムーンライター 店主と勇者の冒険』は昼はショップの店主、夜はダンジョンを冒険する主人公となって、ショップ経営とダンジョン攻略を療法進めていくローグライクアクションです。

難易度はそれほど高くなく、表現力豊かなピクセルアニメーションや、「ダンジョン探索→ショップ経営→店や装備の拡張、村の発展」の繰り返しがクセになる良作。なのですが、進行不能バグが少なくなく、やる気を削がれる場面が散見。しかしようやく修正パッチがリリースされ遊びやすくなりました。

『ムーンライター 店主と勇者の冒険』では新ダンジョンやエネミー、武器、ショップの拡張などを含む有料DLC「Between Dimensions」がリリース(コンソール版は後日配信予定)。より長く楽しめる作品へと拡張されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible