Playtonic Games / Team17による『Yooka-Laylee』(ユーカ・レイリー)シリーズ第2弾『Yooka-Layleeとインポッシブル迷宮』は、カメレオンのYooka(ユーカ)と大きな鼻のコウモリLaylee(レイリー)のゆかいな最強コンビが、スティング王国を救いだすため冒険する、2.5Dのアクションアドベンチャーゲームです。

第1作目は3Dのフィールドを冒険する箱庭アクションゲームでしたが、第2作目はジャンルを変え、横スクロールと見下ろし型視点でゲームが進行します。

音楽は『スーパードンキーコング』のDavid Wise氏と『バンジョーとカズーイの大冒険』のGrant Kirkhope氏の楽曲を中心に収録。YookaとLayleeのバディアクションと相まって、レアのアクションゲーム感増し増し。今の彼らの解釈を加えた、『スーパードンキーコング』への素敵なオマージュとなっています。

『Yooka-Layleeとインポッシブル迷宮』はNintendo Switchを含め、PlayStation 4とXbox One、PCに対応。コンソール版のパフォーマンスはどうなったでしょうか。

『Yooka-Layleeとインポッシブル迷宮』各コンソール版のパフォーマンス比較

 SwitchPS4Xbox One
画面解像度TVモード : 765p
携帯モード : 540p
PS4 : 1080p
PS4 Pro : 1080p
Xbox One S : 1080p
Xbox One X : 最大4K
(動的解像度)
フレームレート60fps60fps60fps
携帯モード

『Yooka-Layleeとインポッシブル迷宮』はNintendo Switch版を含め、60fpsでの動作を実現。解像度はXbox One Xで最大4K (動的解像度)をサポートしています。PS4/Xbox Oneは1080p。PS4 Proもまだ1080pで、今のところXbox One Xが唯一4K表示をサポートするコンソールとなっています。Switch版の解像度はTVモード時に765p、携帯モード時は540p。

Switch版はテクスチャの品質も異なるので、大画面になればなるほどぼやけた印象を受けるでしょうけれど、通常のNintendo SwitchでもNintendo Switch Liteでも、色鮮やかな世界を、いつでもどこでも、滑らかな60fpsで遊ぶことができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で