【比較】『ゼノブレイド』Nintendo Switch版“ディフィニティブ・エディション”の特徴や追加要素、オリジナルWii版/New3DS版との違いについて

Xenoblade Chronicles: Definitive Edition (Nintendo Switch)

Nintendo Direct 2019.9.5にて発表された、『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』。任天堂公式によれば『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』は、2010年に Wii で発売されたモノリスソフト開発のRPG『ゼノブレイド』のいわゆる「リマスター版」。2020年5月に Nintendo Switch で、『ゼノブレイド』の “決定版” となって登場です。

『ディフィニティブ・エディション』では Wii でのオリジナル版当時から10年を経て Nintendo Switch で発売するにあたって、グラフィックがHD解像度に描き直され高解像度化。さらに主要キャラクターについてはモデリングも新しくなっています。

グラフィックの進化はティザー映像からも確認できるとおり。

では2010年に発売された元のWii版と比べて、実際にどの程度変更が加えられているのでしょうか。現時点で判明している部分に関して、Switch版とWii版とのグラフィック比較映像や、新規要素を確認してみましょう。

ゼノブレイド : Wii (2010) vs. Nintendo Switch (2020)

背景は表示される草木やオブジェクトが増えていたり、遠方にあるものも細部まで描かれるようになっているなど、Wii版からの変化を確認することができます。

はっきりと違いが分かるのは、やはり新たなモデリングとなったキャラクターたち。冒険している感を堪能できる大規模な美しい世界を構築する一方で、モノリスソフトの弱点ともなっていたキャラクターモデリング。『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』では主要キャラクターが『ゼノブレイド2』寄りのグラフィックに進化し、アップにも耐えられる造形で登場します。

シュルクやフィオルンだけでなく、ラインの表情も変化しています。

画質・フレームレート比較: Switch vs. Wii vs. New3DS

一部キャラクターのモデリングが新規に描き起こされるなど、『ゼノブレイド2』の技術を流用してリメイクとまではいかないまでも新しい姿に生まれ変わっている『ゼノブレイド ディフィニティブ エディション』。オリジナルやNewニンテンドー3DS版と比較してどのような進化を遂げているでしょうか。

解像度はTVモード時「504〜720p」、携帯モード時は「378〜540p」で表示され、この点は『ゼノブレイド2』と一致します。フレームレートは安定して30fps。ただ『ゼノブレイド2』当時は問題があった携帯モード時の挙動は改善されており、以前よりも快適に遊ぶことができるようになりました。

追加ストーリー「つながる未来」収録

『ディフィニティブ・エディション』では、オリジナル版では語られることのなかった、本編の後日譚となるストーリー「つながる未来」が追加収録。WiiやNewニンテンドー3DS、Wii Uですでに『ゼノブレイド』を遊んだ人も、シュルクたちの新たな冒険を楽しむことができます。

物語はシュルクとメリアを中心に展開していくもよう。

すでに本編部分を遊び尽くしているユーザーへの配慮か、追加ストーリーはゲームスタート時に最初からプレイ可能。追加ストーリーから遊ぶことができるようです。

その他に新規要素・機能はある?

Wii 版に追加要素を加えた Nintendo Switch 版は “ディフィニティブ・エディション(決定版)” と名付けられました。リメイクではなくリマスターという位置づけながら、グラフィックの高画質化に加え、主要キャラクターのモデリングが一新。そして追加ストーリーも収録されます。

一部楽曲の新規録音収録、UIを最適化

その他にも、一部楽曲は新規録音で収録されていたり、ゲーム中のUI(ユーザーインターフェイス)が遊びやすく分かりやすく調整されるなど、決定版にふさわしい調整が施されているようです。

New3DS版の要素はなし(コレクション、amiiboは非対応)

2015年に発売されたNewニンテンドー3DS版では2画面対応や裸眼立体視対応に加え、コレクションモードが追加。『amiibo』にも対応しました。今回は Wii 版のリマスターということで、残念ながらNew3DS版の要素は、Nintendo Switch 版には収録されていないようです。

share

Amazon セール・キャンペーン

プライムデー(10/13・14)

年に一度のビッグセール、プライムデーが今年は10月13・14日の2日間にわたって開催。タイムセールで目玉商品が続々登場するのはもちろんのこと、最大5,000ポイント還元のポイントアップキャンペーンや日本の中小企業応援企画、スタンプを集めて最大20,000ポイントが抽選で当たるプライムデースタンプラリーなども実施されます。

いくつかのキャンペーンは、プライムデーに先行してスタート。

Amazon Prime Day(プライムデー)2020 | 年に一度のプライム会員大感謝祭

Amazonブランド・限定ブランド 先行セール

プライムデーに先駆けて、「Amazonブランド・限定ブランド 先行セール」がはじまっています。家電、日用品、ファッション小物ほか対象商品が20%オフなど。プライムデー開催期間中は最大30%オフに。

Amazonブランド・限定ブランド 先行セール

Amazonチャージ初回購入で1,000ポイント還元

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2%、プライム会員ならプライムデーキャンペーンで最大3%がポイント還元。

今なら初回購入で1,000ポイントがもらえる。

Amazonチャージ 初回購入限定キャンペーン

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

【プライムデーキャンペーン】プライム会員なら初回登録時、最初の3か月を99円(約97%OFF)で利用できます。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 780 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、6,500 万曲以上を楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

【プライムデーキャンペーン】今なら新規会員登録で初回4か月間が99円。

Amazon Music Unlimited

Amazonパントリー おまとめボックス

食料品や日用品を、ひと箱にまとめて1回で受け取れる。いつもの買い物の手間を減らせる「Amazonパントリー」を、すべてのAmazonユーザーが利用可能に。買い物がお得になる割引クーポンなども配布。

Amazonパントリー 対象商品をチェック