Nintendo Switchソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(Super Smash Bros. Ultimate、スマブラSP、スマスペ)では、ファイターを含む有料追加コンテンツが第5弾まで配信されることが決定しています。

第1弾「ジョーカー」、第2弾「勇者」、第3弾「バンジョー&カズーイ」、そして第4弾として『餓狼伝説』シリーズから「テリー・ボガード」の参戦が発表され、残る追加ファイターは後1人。かと思いきや、さらなる挑戦者の参戦決定が発表されました。

DLC第4弾は『餓狼伝説』の「テリー・ボガード」

Nintendo Direct 2019.9.5にて、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の追加コンテンツ第4弾「テリー・ボガード」が発表。SNKの『餓狼伝説』シリーズ初代から登場する主人公の1人が、『スマブラ』への参戦をはたします。配信時期は2019年11月予定。

対任天堂キャラクターだけでなく、カプコンのリュウやケンといったキャラクターとの「カプエス」バトルもスマブラ上で楽しめます。

5人では終わらない、スマブラSPはまだまだ拡大

第4弾キャラクターが明らかになったことにより、予定される追加コンテンツは残すところあと1つ。のはずでしたが、なんとその後、さらなる挑戦者の参戦が決定しました。

第5弾ファイター、そしてその後の未知なるファイター詳細についてはまだ不明。史上最大規模の『スマブラ』はどこまで拡大していくのでしょう。

なお、現在発売されている「ファイターパス」に含まれるのは第5弾までとなり、その後のさらなる挑戦者は「ファイターパス」には含まれないとのこと。

『UNDERTALE』コンテンツ

追加ファイターではありませんが、『UNDERTALE』が『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』にデビュー。新たなMiiファイターコスチュームに『UNDERTALE』の「サンズ」が含まれており、購入すると、作者のトビー・フォックス氏によるスペシャルアレンジBGM『MEGALOVANIA』もついてきます。

この他、追加Miiファイターコスチューム第3弾では、ゴエモン、ブルース、ゼロ、ロケット団が配信されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で