「ユニクロ」「ジーユー」のショッピングバッグが有料化


 

ファーストリテイリングは傘下の「UNIQLO(ユニクロ)」と「GU(ジーユー)」について、2020年4月1日より国内全店舗でショッピングバッグを有料化します。

必要な場合は1枚につき一律10円(税込)で販売されます。

ファーストリテイリングではプラスチックごみによる環境負荷を低減するため、2019年9月からプラスチック製ショッピングバッグを順次、FSC認証(森林認証)を受けた紙、もしくは再生紙を使用した環境配慮型の紙製へと切り替えてきました。

と同時に、ユニクロとジーユーの全店舗でオリジナルのエコバッグを販売。マイバッグとして持参するよう呼びかけています。

今回のショッピングバッグ有料化は、ユニクロとジーユーの国内全店舗に紙製ショッピングバッグが導入されるタイミングに合わせて実施されます。ファストリ側としては、マイバッグのさらなる利用促進と、ショッピングバッグ全体の使用量削減に努めていきたい考え。

さらに商品パッケージに関してもプラスチック製パッケージの撤廃や、FSC認証(森林認証)を受けた紙などを使った代替パッケージへと順次切り替え。2020年秋冬シーズンからは、ユニクロのヒートテックや、ジーユーの一部インナー商品でも順次代替素材パッケージへの切り替えを進めていく計画です。

ユニクロ/ジーユーで販売されているオリジナルのエコバッグはM・Lサイズとがあり、どちらも1つ190円(税込)です。

ユニクロでは人手不足対策としてテクノロジーを活用したセルフレジが導入されています。商品をスキャンするスーパーのセルフレジとは違って、支持に従い指定の場所に商品を置くだけで勝手にスキャン。金額を確認して支払い。あとは袋に詰めるだけでおしまいです。

このとき、必要であればバッグをもらうこともできますが、そうでなければマイバッグを持参してもOK。先日、ユニクロのセルフレジを初めて利用したときは、袋が必要かどうか聞かれることも特になく…。マイバッグ持参の人も増えているのでしょうね。


この記事をシェアする

Next

Previous