『モータルコンバット11』Nintendo Switch版「TVモード」と「携帯モード」、PS4版とのグラフィック比較

Nintendo Switch版『モータルコンバット11』が2019年4月23日、海外で発売となりました。ディレクターを担当するEd Boon氏はインタビューで「Nintendo Switch版もあらゆる点で『モータルコンバット11』です」とクオリティに自信を見せていましたが、実際の仕上がりはどうなのでしょうか。

Switch版のTVモードと携帯モードの比較、そしてSwitch版とPS4版との比較映像が公開されています。映像にはゴア表現が含まれるので苦手な方はご注意ください。

モータルコンバット11:Switch vs. PS4 グラフィック比較

まずはSwitch版とPS4版の比較です。解像度やテクスチャなどグラフィック品質の面でSwitch版はPS4版に劣るものの、格闘ゲームで大切なフレームレートはカットシーン部分を除くと60fpsをピッタリ維持しています。

モータルコンバット11 Switch:TVモード vs. 携帯モード グラフィック比較

次に「TVモード」と「携帯モード」での比較です。「TVモード」と比べると「携帯モード」はグラフィックがやや落ちるものの、十分な見栄えを保ち、またゲームプレイ中のフレームレートは60fpsで安定。携帯モードでも快適に遊ぶことができそうです。

解析によると、『モータルコンバット11』はサードパーティー製タイトルとして、携帯モードでGPU 460MHz(標準の動作クロックは307.2MHz)を使用している初のソフト。発熱とバッテリー消耗が増加するというデメリットもありますが、高パフォーマンス設定により携帯モードでも高いパフォーマンスを実現しています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。