【比較】『Unravel Two』Nintendo Switch版の特徴、他機種との違い

スウェーデンのゲーム開発スタジオ Coldwood Interactive が手がけ、エレクトロニック・アーツから発売された、D.I.C.E.ファミリーゲーム・オブ・ザ・イヤー賞受賞の 2.5D パズルアクションゲーム『Unravel Two』(アンラベル ツー)が Nintendo Switch に対応。2019 年 3 月に発売されました。

毛糸で編まれた小さなキャラクター「ヤーニー」を操作し、自然豊かで美しいステージを進んでいきます。

Nintendo Switch 版はどのような特徴があるでしょうか。また他機種版との違いは?

Unravel Two が Nintendo Switch に対応

『Unravel Two』のプロデューサーを務める Michael Gill 氏はニンテンドースイッチについて、「まるで『Unravel Two』のために作られたかのようなシステムに思えた」と語ります。標準コントローラー Joy-Con の色も赤と青で『Unravel Two』と同じです。

2018年6月にオリジナル版プラットフォーム(PS4/Xbox One/PC)で発売した後、ニンテンドースイッチ対応を開始。

TVモードはもちろん、テーブルもドや携帯モードで『Unravel Two』の緻密なゲーム画面およびフレームレートを妥協なく表現できるよう様々な調整がなされました。また操作性の面でも他機種と遜色ないよう調整が必要だったそうです。

結果、他機種版から9か月ほど彼らはスイッチをやり遂げ、スイッチでも『Unravel Two』を遊べるようになりました。

Nintendo Switch 版の特徴

ニンテンドースイッチ版『Unravel Two』はテレビ画面で遊ぶ「TVモード」でも6.2インチの本体画面で遊ぶ「テーブルモード」「携帯モード」の両方で快適に遊べるよう、ゲームプレイに影響がない範囲でオブジェクトの調整やビジュアルの微調整が行われています(アセットの最適化や場合によっては削除)。

TVモード時のみビジュアル重視かパフォーマンス重視かを選べるオプションも用意され、ビジュアル重視では 900p 解像度で表示されます。このときフレームレートは 30fps に。パフォーマンスモードではフレームレートが 60fps となり、解像度は 720pとなります。

テーブルモード及び携帯モードでは720p/30fps でのゲームプレイに。テーブルモード・携帯モード時は、残念ながら60fpsのオプションはありません。

TVモード時(グラフィクス) : 900p / 30fps
TVモード時(パフォーマンス) : 720p / 60fps
テーブルモード・携帯モード : 720p / 30fps

大きな追加要素はありませんが、“他のプラットフォームには追加できなかったとってもクールなイースターエッグ”が収録されています。

マルチプレイについて

ローカル協力プレイ

最大2人プレイに対応しています。

オンラインプレイ

対応していません。

クロスプレイ

対応していません。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。