2018年、アメリカのゲーム産業は大きな盛り上がりを見せました。NPDグループによると、業界全体の年間売上高は434億ドル。ゲーム内支出やサブスクリプションを含めると、前年と比較して18%増加しました。通常発表されているハードウェア、ソフトウェア、周辺機器市場、ゲームカードの売上も13%増の167億ドルでした。

NPDのアナリストMat Piscatella氏によると、2018年の米国ゲーム産業は、2011年に174億ドルを記録して以来の好調な1年でした。ソフトウェア販売は2017年と比較して7%増の71億ドル。2012年に75億ドルを記録して以来の規模となりました。

ソフトを遊ぶためのハードウェアも好調な1年でした。ハード市場は2017年から8%拡大して51億ドルとなりました。年間1位となったNintendo Switchだけでなく、PlayStation 4やXbox One、プラグ・アンド・プレイなどいずれも2017年を上回るパフォーマンスでした。

NPD: 2018年 年間U.S.チャート トップ20

年間売上トップとなったのは、1位常連の『Call of Duty』を抑えた『Red Dead Redemption 2』でした。『Call of Duty: Black Ops 4』は2位。3位はスポーツゲームジャンル最大人気シリーズとなった『NBA 2K』の最新作『NBA 2K19』が入っています。『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』は12月発売ながら5位。

2018年の前半を牽引した『モンスターハンター:ワールド』は年間では9位でした。

Nintendo Switchの好調ぶりを示すように、任天堂タイトルがトップ20内に計6本チャートイン。定番の御三家は『マリオカート8 デラックス』が12位、『スーパーマリオ オデッセイ』が15位、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が18位に入りました。年末向けタイトルの『スーパー マリオパーティ』『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』は19位と20位でした。

  1. Red Dead Redemption 2
  2. Call of Duty: Black Ops 4
  3. NBA 2K19
  4. Madden NFL 19
  5. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  6. Marvel’s Spider-Man
  7. Far Cry 5
  8. God of War 2018
  9. Monster Hunter: World (モンスターハンター:ワールド)
  10. Assassin’s Creed: Odyssey
  11. Grand Theft Auto V
  12. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  13. FIFA 19**
  14. Battlefield V**
  15. Super Mario Odyssey (スーパーマリオ オデッセイ)*
  16. Call of Duty: WWII**
  17. Dragon Ball: FighterZ (ドラゴンボールファイターズ)
  18. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)*
  19. Super Mario Party (スーパー マリオパーティ)*
  20. Pokemon: Lets Go Pikachu (ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ)*

*デジタル販売分を含まず
**PCデジタル販売分を含まず

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で