NPDグループから2018年12月の米ゲーム小売市場規模が報告。ハードやソフトが苦戦して前年比でマイナスとなったものの、周辺機器・アクセサリ等が29%増で10億ドル規模に成長して補い、全体としては2%増の34億1,500万ドルとなりました。わずか1か月で日本の1年分の売上となっています。

2018年12月 米国ゲーム市場規模 売上高

  • ハードウェア:11億6,800万ドル(▲8%)
  • ソフトウェア:12億3,700万ドル(▲3%)
  • 周辺機器・アクセサリ類:10億1,000万ドル(+29%)
  • 合計:34億1,500万ドル(+2%)

ソフトウェア:『スマブラ』が1位

ソフトウェア市場は前年比3%減の12億3,700万ドルでした。売上は小売店経由で販売されたパッケージ版のもので、一部を除きデジタル版は含まれません。例えば任天堂のニンテンドーeショップやActivision BlizzardのBattle.netの販売分は反映されていません。

また、ランキングは販売金額で計上。本数ではありません。

2018年12月 U.S. チャート トップ20

  1. Super Smash Bros. Ultimate (大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL)*
  2. Call of Duty: Black Ops 4**
  3. Red Dead Redemption II
  4. Battlefield V**
  5. NBA 2K19
  6. Mario Kart 8 (マリオカート8 デラックス)*
  7. Madden NFL 19**
  8. Super Mario Party (スーパー マリオパーティ)*
  9. Pokemon: Lets Go Pikachu (ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ)*
  10. Marvel’s Spider-Man
  11. Assassin’s Creed: Odyssey
  12. Pokemon: Lets Go Eevee (ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ)*
  13. Super Mario Odyssey (スーパーマリオ オデッセイ)*
  14. The Legend of Zelda: Breath of the Wild (ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド)*
  15. Just Cause 4
  16. FIFA 19
  17. Grand Theft Auto V
  18. Minecraft
  19. Spyro Reignited Trilogy**
  20. Fallout 76*

2018年最後の月間チャートを制したのは、Nintendo Switchソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』でした。12月の1位になっただけでなく、年間でも5位に。見事、任天堂のホリデー商戦を牽引してみせました。

『スマスペ』の初月売上はシリーズとして過去最大。これまで最大だった『Super Smash Bros. Brawl (大乱闘スマッシュブラザーズX)』のローンチを70%以上上回る出足を見せています。

また据置型ゲーム機の独占タイトルにおける初月売上の新記録を樹立。2010年の『 Halo: Reach』を上回り、NPDが統計を開始して以来、過去最速の売れ行きとなっています。

その他の任天堂タイトルも好調

『スマブラ』以外の任天堂タイトルも好調でした。トップ20内に計7本のNintendo Switchソフトがチャートイン。ハードの勢いを受けて、各ソフト活発に動いているようです。たとえば『マリオカート8 デラックス』は、『マリオカートWii』に次ぐ、レースゲーム歴代2位という売上で2018年を締めくくりました。

任天堂は2009年以来初めて、年間で最も収益を上げたパブリッシャーとなりました(ゲーム内支出を除く)。

ハードウェア:Nintendo Switchが他機種を圧倒

ハードウェア市場の売上高は、前年比で8%減の11億6,800万ドルでした。最も売れたのは『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』発売の後押しを受けたNintendo Switch。年間でもPlayStation 4を上回り1位に輝きました。

PS4やXbox Oneも12月は好調な売上を見せていたものの、Switchがさらにそれを上回りました。

「この12月のNintendo Switchの売上高は、単独プラットフォームとして2009年のWii以降で過去最高でした。それに、販売台数の面においても、2010年以降では最も多くなりました」

NPDグループのアナリストMat Piscatella氏はコメントしています。

ホリデー商戦の大成功により、Nintendo Switchは金額・台数の両方で11月まで首位だったPS4を上回り、年間1位のハードに。2018年のNintendo Switchは、2015年のPS4以来過去最大の売れ行きを見せました。1年を通したハード市場の伸びにも貢献しました。

2018年は年間で見れば、どの機種もよく売れており、前年比で8%増を達成。51億ドルを販売しました。

周辺機器・アクセサリ類

29%増と大きな伸びを示し、史上最高の10億ドル規模に到達した周辺機器市場。ここでも『スマブラ』発売効果は大きく、コントローラーの支出が大きく増加。中でもNintendo Switch Proコントローラーが月間1位の売れ行きとなりました。PS4のDualShock 4やXbox Oneのコントローラーも人気でした。

また『Fortnite』をはじめとする基本プレイ無料タイトルが家庭用ゲーム機へ進出し、人気となっている点も、周辺機器市場拡大の理由の1つ。ゲーム内通貨購入のため、ストアの残高をチャージするゲームカードの売上が伸びています。またヘッドセット市場の売上も増加しています。

このカテゴリの売上は2017年と比べて33%増加し、過去最高を記録しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で