任天堂がNintendo Switch発売以降、UK市場で存在感を取り戻しています。2018年12月、任天堂は最もパッケージ版ソフトを販売したパブリッシャーとなりました。また12月は任天堂プラットフォームがシェア30%超を獲得。Nintendo Switchプラットフォームのシェアは29.5%となりました。Switchは最大シェアを誇るPlayStation 4の39.7%に次ぐ、第2位のプラットフォームとなっています。

12月の牽引役は『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』で、パッケージ版の売上は28.4万本。『Red Dead Redemption 2』『FIFA 19』『Call of Duty: Black Ops 4』に次ぐ月間第4位につけました。

マリオカート8 デラックス』は7位、『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』は12位に入ったほか(『イーブイ』も合算すると8位)、『スーパーマリオ パーティ』も16位に。これらの結果、任天堂のソフトシェアは19.3%を記録。13.6%だったEAを上回りました。

2018年12月の月間UKチャート トップ20

  1. Red Dead Redemption 2
  2. FIFA 19
  3. Call of Duty: Black Ops 4
  4. 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
  5. Battlefield V
  6. Spyro Reignited Trilogy
  7. マリオカート8 デラックス
  8. Forza Horizon 4
  9. Crash Bandicoot N.Sane Trilogy
  10. Spider-Man
  11. Fornite: Deep Freeze Bundle
  12. ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ
  13. Assassin’s Creed Odyssey
  14. Just Cause 4
  15. Fallout 76
  16. スーパー マリオパーティ
  17. WWE 2K19
  18. Just Dance 2019
  19. Shadow of the Tomb Raider
  20. Grand Theft Auto V

GamesIndustry.bizによると、12月のパッケージ版ソフト販売本数は550万本で、2017年と比較して6%減少。ただ低価格だった携帯機向けソフトがSwitch向けに置き換わりソフト単価が上がっている関係で、売上高は1億8,270万ポンドと前年並みを維持しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で