9月19日より、Nintendo Switch Onlineの正式サービスがはじまりました。それにともなって、Nintendo Switch の本体システムバージョンも「6.0.0」へアップデート。

更新ファイルを適用することで Nintendo Switch Online の各種正式サービスに対応するほか、SNSへ1度に投稿できる画像枚数が4枚に増えたり、ユーザーアイコンが追加、システムの改善などが実施されます。

Nintendo Switch バージョン6.0.0 更新内容

  • Nintendo Switch Online の正式サービス開始に対応
  • 「セーブデータお預かり」(クラウドセーブ)に対応。
    • 「セーブデータお預かり」はNintendo Switch Onlineに加入している間、利用することができます
    • ゲームソフトのセーブデータをインターネット経由でバックアップすることができます。
    • バックアップの設定や復元は、HOMEメニューで対象ソフトの「オプション」から、または「設定」の「データ管理」から、「セーブデータのオンラインバックアップ」を選んで行えます。
    • 一部のソフトはバックアップに対応していません。
      スプラトゥーン2などは対象外
  • 「アルバム」に保存されている画面写真を、SNSに最大4枚まで同時に投稿できるようなりました
    • なお、動画は一度にひとつしか投稿できません。
  • ユーザーアイコンに設定できるアイコン画像が追加
    • 『進め!キノピオ隊長』より6種類が追加されました。
  • ニンテンドーeショップの「ダウンロードできる本体」を「いつもあそぶ本体」に変更。
  • 「みまもり設定」で設定されている年齢制限に応じて、「ゲームニュース」の視聴も制限されるように変更。
  • 「設定」でUSBキーボードのキー配列を指定できるようになりました。
  • ユーザーに連携しているニンテンドーアカウントを変更できなくなりました。
  • 以下を含む、いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上。
    • 任天堂ライセンス商品のコントローラーの動作を改善。

Nintendo Switchは、本体がインターネットに接続された状態であれば、自動で本体更新データがダウンロードされます。ダウンロード完了後、ソフトをはじめる前に本体更新の案内が表示されるので、画面の案内に従って更新作業を進めてください。

またインターネットに接続した本体を起動し、HOMEメニューの「設定」>「本体」>「本体の更新」へ進むことで手動更新することができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で