Nintendo Switch Online の有料会員数が1,500万アカウントを突破

任天堂が Nintendo Switch で展開している有料オンラインサービス「Nintendo Switch Online」(ニンテンドースイッチオンライン) の有料会員数が、全世界合計で1,500万アカウントを上回っていることが報告されています。任天堂の第3四半期決算説明会で、古川俊太郎社長から明らかにされました。

「Nintendo Switch Online」では、現時点で全世界合計の有料会員数が1500万アカウント以上になっており、その売上高は当社のデジタル売上高の中でも存在感のある規模を占めています。ただし、新しくご加入いただけるお客様がおられる一方で、有効期限の延長をされていないお客様もおられます。引き続き、Nintendo Switchをもっと楽しく、もっと便利に遊んでいただくために、サービスの魅力を高めていきます。

via: 経営方針説明会/2020年3月期 第3四半期決算説明会 プレゼンテーション資料 (2.1MB)

古川社長によると、1,500万アカウントを上回った Nintendo Switch Online はデジタル売上高の中でも存在感のある規模を占めるまでに成長しています。

個人プランで1月あたりの料金が最も安くなる「12か月」なら料金は2,400円。1月当たり200円で利用することが可能です。仮に1,500万以上ある全アカウントが12か月のプランだとしても、1月あたり30億円を超える収入ということになります。

実際にはより短いプランもあったり、あるいは最大8アカウントまで利用できるファミリープランに入って複数アカウントを使っている場合もあるでしょうから金額は違ってくるでしょうけれど。

ニンテンドースイッチの12月末までのセルスルー(小売店から消費者へ販売された推定実売数)は4,800万台ほどになっているそうです。NSOに加入しているのは、ざっくり3分の1くらい。

新規に加入するユーザーがいるいっぽうで、有効期限がきたらそのまま終了し、延長・更新をしないユーザーもいるのだとか。

任天堂では Nintendo Switch をもっと楽しくもっと便利に遊んでもらうために、Nintendo Switch Online のサービスの魅力を高めていく努力を続けていくとしています。

新たな特典が追加されるとして、どんな内容となるでしょうか。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。