初代PSも手のひらサイズで復刻。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は9月19日、1994年に発売した初代PlayStation (プレイステーション) について、デザインをそのままコンパクトなサイズで精密に復刻し、懐かしの名作PSタイトルを20作品収録した『プレイステーション クラシック』を2018年12月3日より数量限定で発売すると発表しました。価格は9,980円+税/99ドル/99ユーロ。

初代PSが小さくなって復刻

『プレイステーション クラシック』は、初代「プレイステーション」初期型の外見やボタン配置、コントローラ、外箱パッケージにいたるまで、デザインをほぼそのままに本体は縦横で約45%、体積で約80%コンパクトに復刻した家庭用ゲーム機。本体重量は約170g。

内蔵されるソフトは『R4 RIDGE RACER TYPE 4』や『JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻』『鉄拳3』『ファイナルファンタジーⅦ インターナショナル『ワイルドアームズ』など全20作品。

手のひらサイズで初代PSが蘇ります。

セット内容は『プレイステーション クラシック』本体とテレビなどの外部ディスプレイに接続するためのHDMIケーブル(映像出力 は720p/480p、音声出力はリニアPCMに対応)、本体の電源供給に必要な市販のUSB対応ACアダプターに接続するUSBケーブル(USB Type Aを搭載した5V/1.0A以上の出力ができるACアダプターに対応)。

コントローラは2個付属するので、購入してすぐに対戦・協力プレイを楽しめます。

以前、SIE小寺剛社長が初代PS1の復刻に含みをもたせる発言をしていましたが、25周年を前に『プレイステーション クラシック』として実現しました。

そういえばセガの「メガドライブ ミニ」はまだかなとふと思い出してみたら、同じ日に発売延期が発表されていました。。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で