『ルイージマンション3』がNintendo Switchに登場、新型「オバキューム」で再びオバケ退治へ

『ルイージマンション3』が2019年10月31日、ハロウィンの日に発売されます。

マリオの双子の弟ルイージを主役に据えたアクションアドベンチャーゲーム『ルイージマンション』の新作が、Nintendo Switchに登場です。

開発は『2』を担当したNext Level Games。

『ルイージマンション』シリーズとは

『ルイージマンション』シリーズは、ちょっぴり臆病なルイージが、オバケを吸い込んだりする掃除機「オバキューム」を手に、オバケを退治しながら不気味な洋館などを冒険するアクションアドベンチャーゲーム。「オバケ」や「不気味」さが特徴となるシリーズですが、そこはマリオシリーズなのでテレサなどどこか可愛らしさの残るデザイン。怖いものが苦手でも楽しみながら遊べます。

第1作目は2001年にニンテンドーゲームキューブと同時発売。その後ニンテンドー3DSで『ルイージマンション2』と、初代のリメイクが発売されています。

シリーズ第3作目『ルイージマンション3』は、豪華ホテルに招待されたルイージ一行。しかしそれは「キングテレサ」の大ファンであるオーナーの罠だった……。というところから物語がスタート。

ホテルでルイージがうたた寝をしている間にさらわれ、絵の中に閉じ込められてしまったマリオやピーチ、キノピオたちを救うため、ルイージは「オヤ・マー博士」の発明した新型の「オバキューム」を片手に、奇妙なフロアが続く「オバケホテル」で新たな冒険に出ることになるのです。

ルイージマンション3 紹介映像

今回の舞台となっているホテルは、薄暗い客室がならぶフロアから巨大植物が生い茂るフロア、お城のようなアトラクションフロア、映画撮影スタジオのようなフロアまで、フロアごとにガラリと異なる顔を持っています。

フロアの最後には個性豊かな「ボスオバケ」が待ち受けています。ルイージは“スラム”や“キューバンショット”など「オバキューム」の最新機能を駆使し、各階クリアを目指します。

https://youtu.be/0WExOtq9pi8

『ルイージマンション3』ではマルチプレイもパワーアップ。最大8人でわいわい遊んだり、メインストーリーを2人で協力してプレイすることも可能です。

マルチプレイは「テラータワー」と「プレイランド」の大きく2種類が用意。テラータワーではインターネット/ローカル通信プレイで協力してミッションをクリアし、最上階を目指します。Nintendo Switch1台につき2人までプレイでき、最大4台で8人まで参加することができます。

一方の「プレイランド」は、「ルイージチーム」と「グーイージチーム」に分かれて対戦するパーティーゲーム。Joy-Conをおすそわけして1台のNintendo Switchで最大8人まで参加可能です。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible