スクウェア・エニックスは26日、Nintendo Switch 用ソフト『すばらしきこのせかい -Final Remix-』を2018年9月27日に発売すると発表しました。価格は4,800円+税。

スクウェア・エニックス e-STOREでは、パッケージ版ソフトに加えてアートブックやミニサウンドトラックCD、スタイラスペン(Nintendo Switch 動作確認済)、ステッカーなどを封入した数量限定版『すばらしきこのせかい -Final Remix- It’s a Wonderful Bag』も1万7,000円+税で発売されます。

『すばらしきこのせかい』は、2007年にニンテンドーDSで発売された、渋谷を舞台とする新規のアクションRPG。『ファイナルファンタジー』などで知られる野村哲也氏がメインキャラクターデザインやクリエイティブ・プロデューサーを担当したほか、『キングダム ハーツ』『ファイナルファンタジーシリーズ』の制作スタッフが多く開発に携わったことでも注目され、高い評価を得たタイトルです。2012年にはモバイル版の『Solo Remix』も配信。

2018年に Nintendo Switch で登場する『すばらしきこのせかい -Final Remix-』は、オリジナル版に様々な新要素を追加したリミックス作品。雰囲気を残しつつ、グラフィックのHD対応やサウンド(BGM、SE、ボイス)の高音質化、新曲・アレンジ曲も追加されています。BGM (オリジナル版/アレンジ版) はゲーム内のメニューからいつでも切り替えが可能とのこと。

操作体系は従来のタッチ操作に加えて、スイッチならではのJoy-Con操作や、おすそ分けプレイによる2人プレイにも対応しています。

さらに注目なのは、今まで語られることのなかった新たなシナリオの収録。新たな死神が登場し、物語の核心に迫る内容となっているそうです。新規シナリオに合わせて新たなノイズも追加。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で