対ゾンビの4人協力TPS『World War Z』がNintendo Switchに対応へ

『NBA 2K プレイグラウンド 2』の開発元として、あるいは『The Witcher 3: Complete Edition』や『Vampyr』『Call of Cthulhu』の Nintendo Switch 移植を担当したスタジオとして知られる Saber Interactive。

彼らの手によって、今度は『World War Z』が Nintendo Switch にやってきます。

詳細や発売日は未定。

スタジオのCEO・Matt Karch氏が IGN の取材に対して明らかにしました。

4人対ゾンビの群れ『World War Z』がスイッチに対応

『World War Z』は4人のプレイヤーが協力し、生き残りをかけてゾンビに立ち向かう、映画『ワールド・ウォーZ』をベースに制作されたTPS(サードパーソン・シューティングゲーム)です。オンラインプレイにも対応。

『World War Z』は4人のプレイヤーと数百ものゾンビが一画面に表示される場面があり、またオンラインプレイにも対応しています。スイッチへ『ウィッチャー3』を移植した彼らであっても、今回の移植は非常に困難な仕事になっているようす。Matt Karch氏は『WWZ』のスイッチ移植について、開発チームが行った最も大変な作業だねと語っています。

他社のソフトを移植してきたこれまでとは違い、今回はSaber自身が手掛けたタイトルのスイッチ移植。上手くやれる目処はついているのだろうと思いますが、『ウィッチャー3』の時よりも難しいという作業はどのような仕上がりとなって結実するでしょうか。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。