『Rocket League』や『Fortnite』『Minecraft』と、異なるメーカーのゲーム機同士でのオンラインプレイ(クロスプレイ)に対応するソフトがこのところ増えてきていますが、エレクトロニック・アーツも世界的な人気サッカーゲーム『FIFA』シリーズで、将来的なクロスプレイの実装を考えているようです。

『ロケットリーグ』に続いて、Nintendo Switch 版の『Fortnite』や『Minecraft (BE、統合版)』が異なるデバイス、特にXbox Oneとのクロスプレイに相次いで対応したことで(そして、一部で許可してくれていないポリシーのゲーム機が出ていることで)、ゲーム機の垣根を超えてオンラインプレイを楽しめることが、大きなトピックとなっています。

今のところ、クロスプレイに対応しているソフトはまだまだ限られていますが、老舗メーカーのソフトも将来的にはクロスプレイに対応し、ハードを垣根を超えたオンラインプレイがより自然なこととなっていくかもしれません。

米エレクトロニック・アーツで『FIFA』シリーズのクリエイティブ・ディレクターを務める Matt Prior 氏によると、クロスプレイはユーザーにとってのメリットとなる機能で、開発チームの中でも、この機能の実装を検討したり、話題にのぼることが少なからずあるようです。

様々な機種で発売されている『FIFA』シリーズ。2018年最新作の『FIFA 19』は PS4 / Xbox One / PC / Nintendo Switch に加え、iOS / Android のモバイル版、さらには前世代機 PS3 / Xbox 360 にも対応します。

ただしクロスプレイに対応する予定は今のところなく、異なる機種のユーザーが集い、一緒に遊ぶことはできません。

クロスプレイの実装にはファーストパーティの協力が不可欠で、多くの課題を残していると Prior 氏。とはいえそれを乗り越えて実現したソフトが出始めているだけに、消費者の立場から見たときにコミュニティ拡大などのメリットを期待できるクロスプレイの導入には前向きです。

「約束することはできないけれど、しかしクロスプラットフォームの実現を我々はごく最近にも見ています。もし2、3年前にクロスプレイについて聞かれたら、そのときは否定的に捉えていたかもしれないけれど」

クロスプレイはユーザーにとっての便益になると考えていると Prior 氏はコメント。実現するのがいつになるのかは分かりませんが、近い将来、ハードを意識せず『FIFA』や『FUT』を遊べるようになる日がくるかもしれません。

FIFA 19
メーカー: エレクトロニック・アーツ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で