2018年8月9日にカプコンから発売の、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) 版『大神 絶景版』。PS2で誕生した『大神』はその後 Wii、PS3、PS4 / Xbox One / PC(PS3以降はHDリマスターの絶景版)と様々なハードで発売されています。

それら発売済バージョンとNintendo Switch版とではどのような違いがあるのかまとめてみました。

大神とは

『大神』(おおかみ)は、クローバースタジオ(のちにSEEDとして従業員が独立。その後 ODD と合併し現在はプラチナゲームズ)によって企画・開発され、2006年にカプコンから発売されたPlayStation 2用ソフト。ディレクターは神谷英樹氏。

水墨画のような筆のタッチを生かした日本画のような美しいグラフィックと、古代日本のような「和」をモチーフとした独創的な温かみある世界観、美しい情景の中繰り広げられる大冒険を楽しむことができる、ネイチャーアクションアドベンチャーゲームです。

2008年から2009年にかけてWii移植版が発売されたほか、2012年にはHDリマスター版「絶景版」がPlayStation 3で発売。「絶景版」はさらに、2017年にPlayStation 4 / Xbox One / PC(Steam)版も発売されています。PS4/Xbox One/PCの「絶景版」は4K画質(PS4 Pro / Xbox OneX / PC)に対応しました。

そして2018年夏、ついに Nintendo Switch 版も登場。

Nintendo Switch 版 大神 紹介映像

Nintendo Switch 版の特徴

Nintendo Switch 版はハードの特性を活かした操作方法が追加。アマテラスの神業「筆しらべ」がタッチ操作(携帯モード推奨)およびJoy-Conのジャイロ機能を使ったモーション操作(TVモード、テーブルモード推奨)に対応。モーション操作はオン・オフや左右のどちらのJoy-Conで操作を行うか、また感度なども調整することができます。

画質:解像度やフレームレートは?

スイッチ版の解像度は他の絶景版と同じくフルHDの1080p(TVモード時)。携帯モードでは画面解像度に合わせて720p表示となります。フレームレートも他機種版と同じく秒間30フレームの30fps。フィルターの調整もでき、TVモード、携帯モード、どちらでも安定したフレームレートで美しい世界の冒険を楽しむことができます。

PS2版、Wii版とNintendo Switch版 仕様比較

 PS2WiiNintendo Switch
開発会社クローバースタジオReady at DawnBUZZ
ヴァンテアンシステムズ
画質448p
※4:3
480p
※ワイドスクリーン対応
1080p
※TVモード時
720p
※携帯モード時
フレームレート30fps30fps30fps
オリジナル版モーション操作タッチ操作
モーション操作

PS3版、PS4/Xbox One版とNintendo Switch版 仕様比較

 PS3PS4
Xbox One
Nintendo Switch
開発会社ヘキサドライブ
BUZZ
ヴァンテアンシステムズ
BUZZ
ヴァンテアンシステムズ
画質1080p1080p
※PS4 / Xbox One
4K
※PS4 Pro / Xbox One X
1080p
※TVモード時
720p
※携帯モード時
フレームレート30fps30fps30fps
備考4K画質対応タッチ操作
モーション操作

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で