Nintendo Switch、サイバーマンデーも米オンライン売上1位。『スーパーマリオ オデッセイ』も好調

米国のオンラインストアにおいて感謝祭&ブラックフライデーの販売トップとなった任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)」。次の大きな山であるサイバーマンデーにおいても、任天堂のハイブリッドコンソールは成功を収めたようです。

北米のサイバーマンデー、65.9億ドルで過去最高を更新

サイバーマンデーは、感謝祭(11月第4木曜)の翌週月曜日のこと。休暇明けに、オンラインショップ等でホリデー商戦が本格的な開始日となり、売上が急増することからそう呼ばれています。

最近はサイバーマンデー以前からセールが始まるので、分散傾向にありますが、この日が売上が急増する日には変わりがないようで、Adobe Digital Insights によると今年のサイバーマンデーの売上高は65億9000万ドル。昨年を16.8%上回りました。

ニンテンドースイッチ、サイバーマンデーもオンライン売上1位を記録

そんなサイバーマンデーも Nintendo Switch は絶好調。Adobe Digital Insights のデータでは、感謝祭とブラックフライデーに続いてこの日も売り上げトップを記録しました。Adobe はまた、『スーパーマリオ オデッセイ』もベストセラーの1つだったと報告。ハードのみならずソフトも好調な販売となっています。

世界的に品薄が続いていたスイッチですが、北米で売上が大きく伸びる3日間に対応できているところを見ると、今のところホリデー商戦への備えはできているようです。日本でも早期に品薄が改善されるといいのですけれど。

その他のベストセラー製品は、エレクトロニクスでは Google の『Chromecast』や Apple の『iPad』『AirPods』、サムスンのタブレット、ソニーの『PlayStation VR』など。ビデオゲームではマイクロソフトの『Xbox One X』も人気でした。

おもちゃではトップ5にも入っている『PJ Mask (しゅつどう! パジャマスク)』と『Hatchimals & Colleggtibles (うまれて! ウーモ)』が引き続き売れ筋だったほか、つぶらな瞳が印象的な FUNKO のフィギュアシリーズ『Pop!』や『L.O.L. (リーグ・オブ・レジェンド)』関連、人形やライドオンカーにも人気が集まりました。

Nintendo Switch スーパーマリオ オデッセイセット 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2018/1/8注文分まで)】
Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)
メーカー: 任天堂
発売日: 2017-10-27

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。