任天堂スタッフが語る、ニンテンドースイッチ用ソフトのファイルサイズが小さい理由

『ARMS (アームズ)』はわずか 2.2GB。

Wii U から Nintendo Switch へと世代交代をはたした任天堂の据置型ゲーム機。一般的に、ハード性能の進化にしたがってソフトもグラフィックやサウンドなどがより豪華になり、ゲームのデータも増加する傾向にあります。任天堂のソフトも、ファイルサイズが徐々に増加しているものの、しかし他社ソフトよりもその流れは緩やかです。

たとえば、2017年6月発売の新規対戦アクション『ARMS』(DL版)に必要な容量は「2.2GB」。『ARMS』に限らず、『マリオカート』や『スプラトゥーン』、オープンワールドになった『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』を含めても、任天堂のソフトは他社タイトルよりもファイルサイズが小さい傾向があります。任天堂は小さなファイルサイズに、どのようにして大きな体験を詰め込んでいるのでしょうか。

GameInformer 誌とのインタビューで、『ARMS』が2.2GBに収まってることや、その他任天堂タイトルのファイルサイズの小ささについて訊かれた任天堂の矢吹光佑氏と石川雅祥氏。2人は、これらは多くの努力や技術の賜物であると同時に、任天堂の開発チーム全体の意識として、ファイルサイズを小さく収めることでユーザーエクスペリエンスが向上するとの考えの上で取り組んでいるとコメントしています。

「ゲームの容量を小さくするには多くの努力と技術が必要です。でも任天堂の開発チームは、ロード時間を短縮したりゲームの起動をより早くすることで、ユーザーエクスペリエンスが改善されると本気で考えています。またそれと同じ考え方として、アニメーションも考慮した上で、より小さなファイルサイズに収まるようにし、ユーザーの利便性を向上しようと取り組んでいます」

「開発の中では、あらゆる種類の要素のディテールについて議論を交わすものですが、まずはじめに、ゲームを遊ぶプレイヤーが注目するだろう部分や、自分たちのリソースを集中させる部分についても話し合うんです」

ARMS
メーカー: 任天堂
発売日: 2017-6-16

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。