3DS『ポケモン サン・ムーン』がいきなり大台超え、初回出荷で世界1000万本突破

2016年11月18日に国内ローンチの『ポケットモンスター』シリーズ最新作、ニンテンドー 3DS 用ソフト『ポケットモンスター サン・ムーン』の初回出荷本数が、いきなり世界1000万本を突破しました(11月16日時点、任天堂調べ)。初回出荷1000万本は 3DS 用ソフトとしては過去最多。

任天堂からは以前より予約好調が伝えられていたポケモン最新作が、いきなり大台超えを達成してみせました。

今年はポケモン誕生20周年を迎え、年初から様々なイベント・発表が続いていることや、7月に配信された『ポケモンGO』によって再びポケモンがブームに。これまでポケモンを知らなかった人や世代にも関心が広がるなか、RPGの本編シリーズ完全新作『ポケモン サン・ムーン』も絶好調のスタートを切りました。

ポケモンの発表によると、『サン・ムーン』の出荷本数1000万本という規模は、直接の前作にあたる『ポケットモンスター X・Y』と比較して1.5倍。累計で1564万本を記録し、3DSソフトの販売ランキングトップに君臨する『X・Y』を抜く可能性も低くなさそうです。

『ポケットモンスター』シリーズ 近年発売タイトルの売上

ちなみに、近年発売された『ポケットモンスター』シリーズの2016年9月末時点の売上は以下の通り。『ブラック2・ホワイト2』に関してのみ2013年3月末時点となっています。

1764万本:ポケットモンスター ダイヤモンド・パール(2006年、NDS)
1272万本:ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー(2009年、NDS)
1562万本:ポケットモンスター ブラック・ホワイト(2010年、NDS)
781万本:ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(2012年、NDS)
1564万本:ポケットモンスター X・Y(2013年、3DS)
1318万本:ポケットモンスター オメガルビー/アルファサファイア(2014年、3DS)

DSと3DSとの普及台数の違いもありますが、こうしてみると、本編シリーズの販売本数は横ばいから若干減少傾向。好調なスタートを切った最新作『サン・ムーン』は、シリーズに新たなブレイクスルーをもたらすでしょうか。

ニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスター サン・ムーン』は、中国語の繁体字、簡体字を含めた9言語に対応。2016年11月18日に日本や北米などで、11月23日に欧州で発売。

ポケットモンスター ムーン
ポケットモンスター サン・ムーン
メーカー: 任天堂/ポケモン
開発: ゲームフリーク
ジャンル: RPG
発売日: 2016-11-18
プレイ人数: 1人(対戦・交換など 2~4人)
対応: ローカルプレイ、インターネット

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。