『とびだせ どうぶつの森』以来となるシリーズ完全新作、Nintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』(海外名称:Animal Crossing: New Horizons)の発売日が、2020年3月20日になると発表されました。

2019年内の発売予定とされていましたが、クリスマスを越えて来年へとずれ込むこととなってしまいました。

新作の舞台は「無人島」。手付かずの自然の中、新しい暮らしがはじまります。

あつまれ どうぶつの森は無人島が舞台

『あつまれ どうぶつの森』は、スローライフ&他プレイヤーとのコミュニケーションを楽しめる『どうぶつの森』シリーズのNintendo Switch向け完全新作。

舞台は無人島。これまでも、ゲーム要素として小さな島が出てくることはありましたが、主人公がどこかの村へ引っ越してくるのではなく、無人島が住居を構えるメインの舞台となるのは今回が初めてです。島で見つけた材料を使ってDIY。手付かずの島で、自由な暮らしがはじまります。

任天堂・京極あや氏によると、無人島が舞台となった理由は大きく2つ。

1つ目は、今回Switchで新しい『どうぶつの森』を体験してもらう上で、まったく新しい体験を提供できないかという考えた開発チームにあったこと。

もう1つは、無人島という何もないところで1から創り上げていく自由度の高さの面でも新しい体験を提供できるのではないかと考えたのだそう。

これまではすでに村があるところに家を建てたり、花を植えたり、ランドマークを設置するなどしていましたが、クラフトの幅が広がり、より自分のアイデアを反映させられるようになりました。

自由度が増した無人島生活

直近の本編『おいでよ どうぶつの森』以降、の派生作品で、より細かな配置・カスタマイズが可能となっているぶつ森シリーズ。『あつまれ どうぶつの森』では家具を半分の単位で配置できるなど、最近の作品のシステムが反映されています。

またすべての家具を、家の中だけでなくフィールドに配置することも可能。浜辺も配置できるエリアに含まれるようになりました。

現実の時間との連動は最新作でも健在。今回は北半球だけでなく、南半球の季節も選べるようになりました。没入感を高めるために、環境音を実際に録音したり、木の葉が風にそよぐ様子も表現されています。

クラフト要素

『あつまれ どうぶつの森』ではではDIY要素(クラフト)が大きな特徴となっています。たぬきちから支給されるスマホでアプリを立ち上げてDIYレシピを見ることができ、そこから様々なアイテムを作成可能。

DIYは作業台から行えます。まずは必要な素材を集めるための道具を作り、素材を集め、目的のアイテムに必要な素材が揃ったら作業台で作成という流れ。不要なものはまめきちに買い取ってもらえます。

新機能「たぬきマイレージ」

『あつまれ どうぶつの森』の主人公は、たぬきちの「たぬき開発」がプロデュースする「無人島移住パッケージプラン」に参加して、島での生活を始めることになります。そして村から舞台を移した無人島ならではの新要素として「Nook Miles (たぬきマイレージ)」が登場。

島での様々な行動・体験に応じてマイルが貯まり、貯まったマイルを色々なサービスやオリジナルアイテムと交換ができるとのこと。

マルチプレイ

マルチプレイでは最大4人の「おすそわけプレイ」に対応。スマホからコールアイランダーというアプリを使うと、同じ島に住んでいる他の住人を呼び出し、1つの画面で一緒にプレイすることが可能です。同じ島の住人で同時にプレイ可能になるのは、実はシリーズ初。いっしょに島を探索したり、効率よく素材を集めたりといったことができます。

マルチプレイはオンラインにも対応。1つの島に最大8人まで集合してローカル・オンラインで楽しむことができます。

映えるシーンはスマホのカメラで

Nintendo Switch本体機能としてスクリーンショット機能が用意されていますが、たぬきちから支給されるスマホのカメラを使って写真撮影も可能。拡大縮小やフィルター、キャラクターの表情、ポーズを選んで撮影することができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で