カプコンの4-12月期は減収増益、デジタルコンテンツ事業の利益率が改善 スイッチ向けは105万本

カプコンが31日に発表した2018年3月期の第3四半期(2017年4-12月期)決算は、売上高が11%減収となったものの、デジタルコンテンツ事業の利益率が改善したことなどにより営業利益が37%増の増益に。経常利益も71%増、純利益も61%増の減収増益となりました。

売上高:477億4000万円(前年同期比▲10.8%)
営業利益:70億900万円(+36.9%)
経常利益:70億9900万円(+71.2%)
純利益:44億3900万円(+60.7%)

デジタルコンテンツ事業の利益率が改善

第3四半期は主力のデジタルコンテンツ事業で『バイオハザード7 レジデント イービル』や『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』が堅調に推移した一方で、アミューズメント機器事業は市場環境の変化を踏まえて新作の発売時期を見直したことにより売上高・営業利益ともに大きく減少。

ただ、利益面においては、デジタルコンテンツ事業の利益率が5.1%→20.3%と改善したことにより増益を達成しました。

デジタルコンテンツ事業

デジタルコンテンツ事業の売上高は8.5%増の308億4400万円、営業利益は328.2%増の62億5700万円でした。

バイオハザード7 レジデントイービルは120万本を販売。累計販売本数は480万本を突破しました。『マーベル VS. カプコン:インフィニット』は期待を下回ったものの100万本に到達しています。

『モンハンXX』に加えてスマッシュヒットを記録した『ウルトラストリートファイターII』や『バイオハザード リベレーションズ』も投入された Nintendo Switch 向け展開は、計7SKUで105万本を販売しています(パッケージ版)。

ゲーム全体ではパッケージで575万本、本編DLCで810万本、計1385万本を販売。

カプコンは3月末までに2300万本を販売する計画。すでに500万本を突破している『モンスターハンター:ワールド』や旧作のリピートなどで前年比プラスの達成を目指します。

share

Amazon セール・キャンペーン

Amazonチャージ初回購入で最大 2,000 ポイントもらえる

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2%、プライム会員なら最大2.5%がポイント還元。

今なら初回購入で最大2,000ポイントがもらえる。

Amazonギフト券チャージ : 初回チャージで最大2,000 円分ポイントがもらえる

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 780 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、7,500 万曲以上を楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

一部の楽曲は Ultra HD 音質にも対応する、より高音質な「Amazon Music HD」へのアップグレードも無料。

Amazon Music Unlimited

Amazonパントリー おまとめボックス

食料品や日用品を、ひと箱にまとめて1回で受け取れる。いつもの買い物の手間を減らせる「Amazonパントリー」を、すべてのAmazonユーザーが利用可能に。買い物がお得になる割引クーポンなども配布。

Amazonパントリー 対象商品をチェック