ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ主演、ガイ・リッチー監督で制作された新しいシャーロック・ホームズ。僕の中のシャーロック・ホームズのイメージといえば、犬を擬人化したNHKアニメ版だったりしますが、今回のホームズはかなりアクション寄りで、ホームズなので推理もあるものの成分は薄め。悪役とガンガンバトルしてます。


さすがに本格的なアクション映画のような殺陣とまではいかないですけどね。スタイリッシュな映像と、スピーディーにポンポン進む展開で、こういう武闘派なホームズもありかなあなんて思ったりしましたよ。

ワトソンの婚約者であるメアリー役で素敵な女優さんが出てきて、誰かと思えば『スパニッシュ・アパートメント』でウェンディ役のケリー・ライリーでした。

あらゆる悪がはびこる、19世紀末のロンドン。不気味な儀式を思わせる手口で、若い女性が次々と殺害される怪事件が勃発する。名探偵シャーロック・ホームズはたちまち犯人を突き止め、邪悪な黒魔術を操るブラックウッド卿を捕まえる。だが彼は、処刑されても自分は復活する、とホームズに宣言。やがて予言通り、死刑に処されたブラックウッドが、墓場から甦ってしまう。前代未聞の大事件に人々がパニックに陥る中、ホームズだけは史上最大の謎に挑めることに胸を躍らせていた…。


シャーロック・ホームズ(字幕版)
シャーロック・ホームズ
原題:Sherlock Holmes
監督:ガイ・リッチー
製作総指揮:ブルース・バーマン 、マイケル・タドロス
脚本:マイケル・ロバート・ジョンソン 、アンソニー・ペッカム 、サイモン・キンバーグ
音楽:ハンス・ジマー
出演: ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロング、ケリー・ライリー、エディ・マーサン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で