NPDグループから、2013年11月期のアメリカゲーム市場マンスリー販売レポートが発表され(2013年11月3~30日のPOSデータ)、PS4、Xbox Oneがローンチを迎えていよいよ次世代機が出揃い、市場規模は前年同月比+7%の27.4億ドルとなったことが明らかになりました。

次世代機発売でハード、周辺機器類が好調。ソフトは減少

伸びが顕著だったのは言わずもがなハードウェア市場で、次世代機のローンチで盛り上がった11月の売上高は前年同月比58%増の13.27億ドルに。周辺機器・アクセサリ市場も次世代機のコントローラ等の需要があり17%増の3億2740億ドルでした。

しかしながらソフトウェア市場は、『Call of Duty: Ghosts』や『Bttlefield 4』といったAAAタイトルを擁しながらも24%減の11億ドルでした。

NPDのアナリストLiam Callahan氏は、2013年11月はハードウェア市場にとって史上最高の月になったと言います。

「PS4とXbox Oneのローンチとニンテンドー3DSの好調により、11月期のハードウェア売上として、2013年11月は過去最高の売上記録をマークしました」

特に好調だったのは立ち上げが成功したPS4とXbox One、そしてソフトが揃った3DSとCallahan氏は指摘。「今月発売された『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』を含めて、年間を通じて力強いコンテンツによってサポートされ、ニンテンドー3DSの年間ハードウェア売上は11月までに前年同期比15%増加しています」

ハード売上トップはPS4かXbox Oneか

ハード販売を見ると、PS4のソニーとXbox Oneのマイクロソフトが我々こそがトップハードであると舌戦を繰り広げています。

「北米市場や世界市場におけるPlayStation 4の売上は、ローンチから驚くほど好調で、PS4は史上最高のローンチだと認識されています。北米だけでも僅か24時間で100万台以上を販売し、11月はハード、ソフト共に次世代機でトップセラーだったとNPDが報告し、我々はとても満足しています」

SCEAのJack Tretton社長兼CEOは述べています。

一方マイクロソフトも、Xbox Oneは「最速で販売」しているハードだと主張。11月は1日平均10.1万台を売り上げているのだといいます。プレスリリースでMSは、アメリカ国内ではローンチから最初の9日間で「909,132」台のXbox Oneを販売したと具体的な数字を発表。日毎10.1万台を販売し、直近の競合製品をはるかに上回る販売だと伝えています。

『Cod: Ghosts』『Battlefield 4』、人気FPSがトップに

ソフトチャートは『Call of Duty: Ghosts』がトップ、2位に『Battlefield 4』が続いています。任天堂タイトルでは『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』『スーパーマリオ 3Dワールド』『マリオパーティ アイランドツアー』が発売されたものの、トップ10から漏れました。

2013年11月: アメリカチャート トップ10

  1. Call of Duty: Ghosts (360, PS3, PS4, XBO, PC, Wii U)
  2. Battlefield 4 (360, PS3, PS4, XBO, PC)
  3. Assassin’s Creed IV: Black Flag(360, PS3, PS4, XBO, PC, Wii U)
  4. Madden NFL 25 (360, PS3, PS4, XBO)
  5. Grand Theft Auto V (360, PS3)
  6. NBA 2K14 (360, PS4, PS3, XBO, PC)
  7. Skylanders Swap Force (Wii, 360, PS3, Wii U, 3DS, XBO, PS4)
  8. Just Dance 2014 (Wii, 360, Wii U, XBO, PS3, PS4)
  9. Disney Infinity (Wii, 360, PS3, Wii U, 3DS)
  10. FIFA 14 (360, PS3, PS4, XBO, PSV)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で