『マリオ&ソニック AT ソチオリンピック』『ソニック ロストワールド』に加えて、さらにもう1本のソニックタイトルが任天堂ハードに独占供給されることが、セガと任天堂から発表されていますが、任天堂ドイツの発表したプレスリリースによれば、3本目に関しても今年中の発売が予定されているとのこと。


任天堂ドイツは『ソニック ロストワールド』の詳細発表時のプレスリリース内で、

「本日、セガは、任天堂とセガがWii Uとニンテンドー3DS向けに独占的にリリースする3タイトルのうち2本目のさらなる詳細を明らかにしました。3タイトルは全て、今年後半にリリース予定です」

と発売時期について言及。まだ見ぬ3タイトル目に関しても、今年中に発売される見込みであるとしています。

『ソニック ロストワールド』は、Wii U/3DS向けに、今年秋の発売予定。Wii U独占となる『マリオ&ソニック AT ソチオリンピック』に関しても、これまでの『マリオ&ソニック』シリーズを見る限り、年末商戦期には発売されています。

3本目も、これから発表して発売するのなら秋以降になるかと思われますが、今年中の発売はさすがに時期が被りすぎではないかと思いますが、あるいはダウンロード形式でのリリースなんでしょうか。続報を待ちたいと思います。

[追記
第3のソニックタイトルについて、2014年以降の発売となることが大手海外サイトを通じて確認されました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で