エタダク系新作『Shadow of the Eternals』、資金不足でお蔵入りとなる可能性

GC『エターナルダークネス』の流れを汲む新作として制作されている『Shadow of the Eternals』ですが、資金調達が難航し、お蔵入りになる可能性が取り沙汰されています。


Kickstarterをはじめとするクラウドファンディングにより、開発資金の調達を計画している開発元のPrecursor Gamesですが、進捗が芳しくありません。

Precursor GamesがKickstarterで目標とする調達額は135万ドルですが、残り17日となる6月1日現在12万ドル強に止まっており、Kicktraqよれば23.4万ドルほどで頭打ちになると推測されています。

「プロジェクトがKickstarterでゴールに達しない場合、私たちは自分達のサイト上でPaypalを通じ、全てのプレッジを払い戻す事になるでしょう」

Precursor Games COOのShawn Jackson氏はReddit AMAの中でコメントします。

Jackson氏はまた、資金調達が失敗した場合、その他の資金調達手段が無いため、ゲームの開発続行は難しいだろうと述べています。

いきなり分厚い壁が立ちはだかっています。今のペースでは目標額に到達する可能性は厳しい状況ですが、せっかく復活したのにこのままお蔵入りとなってしまうのか、あるいは救世主が現れるのかどうか。事態の好転を期待したいところです。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。