セガと任天堂、『ソニック』フランチャイズ3タイトルを独占契約。『マリオ&ソニック』『ソニック ロストワールド』の他にもう1作

セガと任天堂は『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』フランチャイズについて、独占パートナーシップを締結したことを発表しました。


今回の新たな提携は、今後発売される『ソニック』3タイトルについて、任天堂ゲーム機向けに独占的に提供されるというもの。うち2タイトルは、「ニンテンドーダイレクト 2013.5.17」にて発表された『ソニック ロストワールド』と『マリオ&ソニック AT ソチオリンピック』で、さらに1タイトルが後日発表予定です。

「『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は、任天堂プラットフォーム上で非常によいパフォーマンスを見せてくれているので、今回の独占パートナーシップはソニックゲームが次へと進化するためには最適でした。Wii Uとニンテンドー3DSは、ソニックをお見せするのに理想的なプラットフォームで、セガは3つのエキサイティングなソニックゲームで任天堂と仕事が出来ることを心待ちにしています」

セガヨーロッパのCOO、Jurgen Post氏は述べています。

「かつてライバルだったマリオとソニックとの関係は、かつてないほど親密な友情へと成長しました。セガと合わせて行なったこれらの発表は、我々がWii Uプラットフォームへ素晴らしいゲームをお届けできることを約束し、E3でのさらなる発表の準備を進めています」

任天堂アメリカのレジー社長は述べています。

ゲームキューブで移植発売された『ソニックアドベンチャー』の頃から、ソニックタイトルは任天堂機でよく売れており、その後の『スマブラX』参戦や『マリオ&ソニック』で共演しているように、ファンからよく知られているキャラクターです。

マルチプラットフォームでリリースされたタイトルでも任天堂機の割合が高かったり、任天堂ゲーム機ユーザーとの相性は良く、自然な成り行きに思いますね。とはいえ『マリオ&ソニック AT ソチ』のWii U独占は、これまでのマリソニシリーズの売上やWii Uのハード普及数を考えるとセールス的にかなりの大冒険に見えます。

さて、『ソニック ロストワールド』『マリオ&ソニック』の他にもう1タイトルあるという『ソニック』新作ですが、どんなタイトルになっているんでしょうね。

Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC) / 任天堂
Wii U ベーシックセット/プレミアムセット
メーカー: 任天堂
発売日: 2012年12月8日
容量応: ベーシック8GB/プレミアム32GB

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。