9月7日、ロックスター・ゲームスから発表された『L.A.ノワール』の現行機対応。PlayStation 4 と Xbox One、そして Nintendo Switch に対応し、国内では「2017年12月」に発売予定だとされていましたが、その発売日が「2017年12月7日」に決定したと発表されました。

ロックスター初の VR 専用タイトル『L.A.ノワール: VR事件簿』も同時発売されます。

価格は『L.A.ノワール』の PS4 / Nintendo Switch 版が4990円(税抜)。『L.A.ノワール: VR事件簿』が3277円(税抜)。Xbox One 版の価格は発表時点では未定。

今回の『L.A.ノワール』は、2011年に PC / PlayStation 3 / Xbox 360 で発売された同名クライムスリラーを、本編に加えて全DLCを収録して現行機種へ移植したタイトル。1940年代のロサンゼルスを舞台に、プレイヤーは軍務経験と受勲経験を持つ新米刑事コール・フェルプスとなり、実際の出来事をモデルにした様々な事件の解決に挑みます。

機種ごとの特徴についても改めて発表。Nintendo Switch 版は「TVモード」でプレイ時、1080pの解像度に対応しています。

現行機種版『L.A.ノワール』各バージョンの特徴

PlayStation 4 / PlayStation 4 Pro / Xbox One

  • PlayStation 4 / Xbox One 版は1080pの解像度(オリジナル版解像度は720p)に、PlayStation 4 Pro / Xbox One X でのプレイ時には 4K 出力に対応
  • 新登場の収集アイテムや各種特殊な能力が使えるようになる刑事スーツもアンロック可能
  • より高精細なテクスチャーの採用とライティングの改良により、さらなる没入感を手に入れたグラフィック

Nintendo Switch

  • Nintendo Switchの持つ機能をフルに活用!ドックから取り外すとタッチ操作に切り替わる。Joy-Conモードではジャイロによるジェスチャー操作が可能。さらに直感的、高い没入感が味わえる
  • TVモード時は1080pの高解像度、携帯モードでは720pの解像度に対応

PC(VR)

  • VRならではの究極の没入感。PC版「VR事件簿」は選りすぐった7つの事件を、VR専用の作品としてリメイク。究極の没入感で難事件へと挑め。

すべてのDLCを収録

※PlayStation4 版、Nintendo Switch 版、Xbox One 版のみ

発売後に追加された5つの事件をはじめ、オリジナル版のコンプリートエディション(日本未発売)の中から過去に発売されたすべてのDLCコンテンツを収録。

  1. 領事の車 (交通課担当事件)
  2. 裸の町 (風紀犯罪課担当事件)
  3. 迷走する登録証 (交通課担当事件)
  4. ニコルソン電気メッキ工場 (放火特捜課担当事件)
  5. リーファー・マッドネス (風紀犯罪課担当事件)

ニコルソン電気メッキ工場

コール・フェルプスと風紀犯罪課での相棒であるロイ・アールは、タレ込み屋の情報をもとに、ロサンゼルスで麻薬の売人を探す。激しい銃撃戦の後、フェルプスとアールは、自分たちが街で最大の麻薬組織に首を突っ込んでしまったことに気が付く。

リーファー・マッドネス

午前9時45分、雷鳴のような大爆発がロスの街を揺るがした。かつてニコルソン電気メッキ工場があった周辺には瓦礫が散乱し、灰と黒煙が立ち込めていた。いち早く現場に駆けつけたフェルプス、ビッグス両刑事は、瓦礫の山と化した工場跡地で数々の疑問点が浮かんできた。爆発の原因はいったい? その時、工場では何が行われていたのか?そして主任化学研究員のハロルド・マクレラン博士と、謎に包まれた彼の助手は事件後、どこへ消えたのか?

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly