任天堂から27日、2016年3月期(2015年4月〜2016年3月)のミリオンセラータイトルリストが発表されました。最多販売を記録したのは、Wii U『Splatoon(スプラトゥーン)』で427万本。次いでWii U『スーパーマリオメーカー』が352万本でした。

今年度は派生作が多かったため、500万本を超えるようなセールスは見られず、任天堂にしてはやや寂しい数字が並びます。とはいえ、新規IPである『スプラトゥーン』は今後にも繋がりそうですし、『マリオメーカー』もテコ入れ次第ではまだ伸びそう。

3DSでは海外展開がスタートした『ファイアーエムブレムif』は海外で106万本を販売。ヨーロッパやオーストラリアでの発売はまだこれからなので(2016年5・6月)、ほぼ北米のみでミリオンセラーを達成したということになります。国内も含めた累計販売数は184万本。『ポケモン超不思議のダンジョン』や『ゼルダの伝説 トライフォース3銃士』を上回る勢いを見せました。

また『とびだせ どうぶつの森』が107万本を販売。ちょうど累計1000万本に到達しています。

任天堂ミリオンセラータイトルリスト(2015年4月〜2016年3月)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で