任天堂の岩田社長はDeNAとの業務・資本提携の共同記者会見の中で、新たなゲーム専用機プラットフォーム“NX”を開発中であることを明らかにしました。

コードネーム「NX」は、今のビジネス環境に適合するために、全く新しいコンセプトで開発されており、任天堂がゲーム専用機ビジネスに対する情熱を持ち続けていることの1つの証明として岩田社長から発表。据置型ゲーム機なのか携帯型ゲーム機なのかは不明ですが、詳細は来年発表予定。

来年発表であれば3DSの世代交代時期とかぶってきますが、“全く新しいコンセプト”ということで、3本目の柱と言われていた初期DSのような、現行ハードの延長線上にない形で登場することになりそうです。今回発表された新たな会員制サービスへの対応もスムーズに進みそう。

任天堂の次世代ハードについては、シャープの液晶「フリーフォームディスプレイ」を使うという話も出ています。NXに載るのかどうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で