任天堂とディー・エヌ・エー(DeNA)は17日、スマートデバイス向けゲームアプリの共同開発・運営、及び会員制サービスの共同開発に関する業務・資本提携について合意したと発表しました。

スマートデバイス向けゲームアプリの新規開発・運営

任天堂とDeNA両社は、任天堂IPを活用したスマートデバイス向けゲームアプリを、スマートデバイスのプレイスタイルに適した形で新規に開発・運営。メリットとしては、任天堂は顧客が任天堂IPに触れる機会が増え、DeNA側は知名度の高い任天堂IPを活用することで、モバイルゲーム事業をグローバルに強化することが期待されます。

新しい会員制サービスの共同開発

また、多様なデバイスに対応した新しい会員制サービスも共同開発。任天堂ゲーム機だけでなく、PC、PC、スマートフォン、タブレットなどの多様なデバイスに対応した会員制サービスを共同開発するとのこと。クラブニンテンドーの後継サービスがこれにあたるのでしょう。クラニン的機能だけじゃなく、ひょっとしたらストア機能も実装されたりして。

資本提携

業務提携に伴って、、各々の事業に対する相乗効果と両社の中長期に渡る関係強化を図り、両社は資本提携にも合意。

任天堂は、DeNAが保有する自己株式15,081,000株(発行済株式数の10.00%、総額約220億円)を取得。DeNAは、任天堂が保有する自己株式1,759,400株(発行済株式数の1.24%、総額約220億円)を取得します。

DeNAは任天堂の株式の1%ですが、任天堂はDeNAの株式10%を保有する第2位の大株主に。

任天堂が以前から話していたスマートデバイス向け戦略は、DeNAとの提携で行われていくことになりそうです。

また、共同記者会見の模様は17日17時からライブ配信されます。

任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務・資本提携 共同記者発表会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で