セガサミーホールディングスが9日、2014年3月期の通期連結業績を発表しました。売上高は3,780億1,100万円(前期比+17.6%)、営業利益は385億3,300万円(+102.0%)、経常利益は405億3,100万円(+93.8%)、純利益は307億2,100万円(-8.2%)と増収減益でした。有価証券売却益などで特別利益を157億9,500万円計上しましたが、一部欧米子会社の精算などで特別損失を87億8,200万円計上しました。

セグメント別の売上は、パチスロ機の販売が好調だった遊技機事業の売上高が1,819億8,400万円(前期比+27.4%)、営業利益が452億9,200万円(+92.4%)と牽引。アミューズメント機器事業の売上高は386億400万円(+2.9%)、営業損失12億6,400万円。アミューズメント施設事業の売上高が432億2,700万円(+1.2%)、営業損失が6,000万円でした。

コンシューマ

家庭用ゲームソフトを含むコンシューマ事業の売上高は前期比+18.6%の998億4,100万円。営業利益は20億8,900万円(前期は7億3,200万円の赤字)でした。販売本数は873万本と前期比で19%減少したものの、デジタルゲーム分野やアニメーション映像事業が好調でした。

ゲームコンテンツの売上

デジタル分野に舵を切り、積極的に新作を展開しているセガ。今年は遂にデジタル分野(400億円、前期比+35%)がパッケージ分野(389億円、+9%)を逆転する結果となりました。2015年3月期はデジタルが524億円、パッケージが490億円と、ともに増収を目指します。

地域別売上

地域別販売本数を見ると、日本では215万本(前期比+1万本)と前年並みを保ったものの欧米ではダウン(北米: 420万本→280万本、欧州: 442万本→377万本)。販売タイトルが振るわなかったこともありますが、販売SKUがそもそも少なかったことが響いています(北米: 18→6、欧州: 18→5)。

2015年3月期は49SKUと前期から17SKU増やし、1,278万本の販売を目指します。

発売ハードを見ると、ニンテンドー3DS向けとPS3向けが6SKUから13SKU、5SKUから11SKUへとそれぞれ倍増。本数も3DSが78万本から最多の227万本へ、PS3が54万本から152万本と、柱として期待されています。

これまではPCやPS3向けが多かったセガですが、アトラス効果なのか3DS向けが急しています。

PS4/Xbox One/Wii U向けにもソフトを展開。PS4は3SKUで69万本、Wii Uは4SKUで60万本、Xbox Oneは2SKUで44万本を目指します。Wii Uソフトは海外向けの『Sonic Boom』、国内の『ソニック&オールスターズレーシング トランスフォームド』が既に判明していますが、残るタイトルは何がくるでしょうか。

主なゲームソフトの販売本数

トップセラーとなったのは欧米で発売されたPCソフト『Total War: ROME II』で113万本でした。Wii U/ニンテンドー3DS独占タイトルとして発売された『ソニック ロストワールド』は71万本でした。2014年に入ってからの販売本数は7万本。また、国内でPS4のローンチソフトとして発売された『龍が如く 維新!』は、PS3版との合算で39万本でした。

  • 113万本: Total War: ROME II(PC)
  • 79万本: Football Manager 2014(PC)
  • 71万本: Sonic Lost World(Wii U, 3DS)
  • 68万本: Company of Heroes 2(PC)
  • 39万本: 龍が如く維新!(PS3, PS4)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で