セガサミーホールディングスが13日に発表した2016年3月期の決算は、売上高が3479億8100万円(前期比▲5.1%)、営業利益が176億1700万円(+0.7%)、経常利益が164億900万円(▲2.8%)、純利益が53億6900万円(前期は113億7500万円の赤字)でした。

「のめり込み」対策に係る新たな申合せの適用によりパチンコ・パチスロの遊技機事業が減収減益となったものの、家庭用ゲームやスマホ、アミューズメントを含むエンタテインメントコンテンツの収益性が改善したことなどが貢献し、黒字を確保しています。

デジタルゲーム分野では、『ファンタシースターオンライン2』や『チェインクロニクル ~絆の新大陸~』『ぷよぷよ!!クエスト』『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』等の主力タイトルが堅調に推移。一方で、アジア向け新作『Football Manager Online』の韓国展開ほか一部タイトルが不振。また新作タイトルの増加に伴って広告宣伝費などの費用もかさみました。

デジタルゲームの売上高は前期比2.1%減の539億円、営業損益は80億円の黒字から一転して9億円の赤字でした。

家庭用ゲームを含むパッケージゲーム分野では、『龍が如く 極』や『Football Manager 2016』等の新作が発売。ただ、総販売本数は前期と比較して306万本減少し922万本と1000万本を下回りました。しかしながら、タイトルを絞り込み、主力タイトルの販売に注力した結果、収益性は改善しています。

パッケージゲーム分野の売上高は前期比10.7%減の423億円。営業損益は前期27億円の赤字から黒字転換して24億円でした。

その他、AM機器・施設は増収。AM施設に関しては利益が倍増しています。映像・玩具も増収で、黒字転換をはたしています。

セガサミーHD 2016年3月期 連結業績

売上高:3479億8100万円(前期比▲5.1%)
営業利益:176億1700万円(+0.7%)
経常利益:164億900万円(▲2.8%)
純利益:53億6900万円(前期は113億7500万円の赤字)

セグメント別売上高・営業利益

遊技機:1334億700万円(▲12.7%)/215億4800万円(▲16.4%)
エンタテインメントコンテンツ:1997億2000万円(▲0.5%)/36億5300万円(+5698.4%)
リゾート:163億9200万円(+9.3%)/▲18億2500万円

次期の見通し

2017年3月期は売上高3800億円(+9.2%)、営業利益200億円(+13.5%)、経常利益200億円(+21.9%)、純利益100億円(+86.2%)の見通し。

デジタル分野では、主力タイトルを中心に大型アップデートが順次予定されているほか、シンガポールや台湾など東南アジアを中心に、スマホゲームの展開を加速させる計画。国内では7タイトルの新作が予定。

パッケージゲーム分野では、国内において『ペルソナ5』や『龍が如く 6』を、海外では『Total War: WARHAMMER』などが発売予定。通期では2015年3月期並の1228万本の販売(36タイトル/47 SKU)を目指します。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly