セガ・飯塚隆氏、新作『ソニック』の監督として北米チームに合流。LAが新たな拠点に

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズのプロデューサー等で知られるセガの飯塚隆氏が、今後の新作を監督する立場として、北米チームに合流したことが明らかになりました。

3Dのキャラクター後方視点と2Dサイドビュー型の切り替えが上手くはまり、いい形で20周年を迎えたソニックですが、次の5年はそこからアクションゲームとしての進化に苦戦しています。

2014年に発売されたWii U/3DS『Sonic Boom(ソニックトゥーン)』は、海外の外部スタジオが開発を主導。外伝とはいえ、質・セールスともに成功とは言えない内容でした。

最新作の3DS『Sonic Boom: Fire & Ice(ソニックトゥーン ファイアー&アイス)』も引き続き海外デベロッパーのSanzaru Gamesが開発を担当していますが、クオリティ向上のため発売が当初予定から1年延期されています。

長年ソニックを見てきた飯塚氏は今回、製品開発担当VPを任され、ロサンゼルスをソニックのグローバルブランドのハブとして確立するために東京から異動するということです。

そして飯塚氏はもう向こうに到着している様子。はやっ。

シリーズの中でも人気の高い『ソニックアドベンチャー2』も、ソニックチームUSAが開発し、飯塚氏がディレクターを担当するなど日米の合作でした。

ソニックトゥーン ファイアー&アイス
メーカー: セガゲームス
開発: Sanzaru Games
ジャンル: アクションアドベンチャー
発売日: 2016-10-27
プレイ人数: 1-2人

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible