『ポケモンGO』に実装された「いつでも冒険モード」は、アプリを起動していない間も端末に記録された情報をもとに歩いた距離などをカウントしてくれる便利な機能。

移動距離を稼ぐためにアプリを起動する必要がなくなるので、設定することでバッテリー持ちも良くなりました。1週間に歩いた距離に応じてリワード(報酬)も獲得することができます。

非常に便利な機能なのですが、最近になって、「いつでも冒険モード」に歩いた距離が反映されない不具合が発生しています。

「いつでも冒険モード」を設定しているのに歩いた距離が反映されない

タイミングとしてはiOS 12.3 アップデート以降より(実際、どのタイミングかは不明ながら自分の環境でも不具合発生)、『ポケモンGO』の「いつでも冒険モード」で、歩いた距離が反映されない不具合が発生しています。ヘルスケアにて計測された歩いた距離が反映されないので、卵が孵化せず、相棒のアメももらえず。

設定を確認する

iOS アップデートのほかに、『ポケモンGO』もアップデートが行われました。何らかのアップデートで「いつでも冒険モード」がオフになってしまったのかもと思い設定をチェック。

アプリを起動>モンスターボールアイコンをタップ>右上の「設定」をタップ>「いつでも冒険モード」の設定を確認します。

ポケモンGO - いつでも冒険モード

チェックが入っていても、いったんオフにして再度オンへ。

ポケモンGO - いつでも冒険モード オン

こうすることで一時的に利用できるようにはなりました。しかし、精度がおかしいし(通常時よりも反映される距離がかなり少ない)、またしばらくするとデータの反映がされなくなってしまいました。

再設定では解決しませんでした。

不具合習性を含むアップデートが実施される

開発・運営元のNianticもこの問題を認識しているようで、ユーザーからの問い合わせに対してサポートから、『ポケモンGO』のAdventure Sync (いつでも冒険モード) 不具合を修正したアップデートをリリース予定であると発表されました。

「いつでも冒険モード」が機能しない不具合は、6月3日〜10日に開催されるアドベンチャーウィークに直接影響する問題。早急に対応してもらいたいところですが、最高のボーナスを獲得するためには50km歩く必要があり、期間内に修正されたとしても、遅れての参加では達成は難しそうです。

追記:アプリ最新版で修正

アプリの最新バージョンがリリースされ、「いつでも冒険モード」に歩いた距離が反映されない不具合が修正されました。アップデートすると設定がオフになっていることがあるので、アップデート後、設定にチェックが入っているかどうかを確認してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で