スクウェア・エニックスは6月3日、『ドラゴンクエスト』シリーズのスマートフォン向け最新作『ドラゴンクエストウォーク』を2019年内に配信すると発表しました。対応OSはiOS/Android。料金形態は基本プレイ無料のアイテム課金型。

スマホの中に広がる、ドラゴンクエストのフィールドと化した現実世界を、プレイヤーが主人公となって歩き、冒険を進めていく位置情報RPGです。

「歩く」を強調するようにロゴにはスニーカーが描かれています。ハイカットスニーカーにはロトの紋章。

位置情報RPG『ドラゴンクエストウォーク』

フィールドを歩き、街の人の話を聞きながらクエストを進める。モンスターを倒して成長、レベルアップする。装備を整え、さらに強敵へ挑む。

ゲーム機の中で体験してきたRPG『ドラゴンクエスト』が、位置情報ゲームと融合。位置情報RPGとして2019年内に配信されます。開発はコロプラ。

ドラクエGOでは終わらない独自要素

トレンドでは『ドラクエウォーク』よりも『ドラクエGO』が上に来る、それだけ世間に位置情報ゲームといえば『ポケモンGO』が定着しているのを感じる反応となっています。

それでも『ドラクエウォーク』には『ドラクエウォーク』の特徴があり、RPGのドラクエのレベルや職業・スキルといった要素やおなじみのモンスターとのバトル(他プレイヤーと協力してボスバトルも?)、「目的地システム」により発生するイベント、実在の建物がゲーム内に登場する「ランドマーク」、地図上に設定できる「自宅」のカスタマイズなどを備えています。

ドラゴンクエストウォーク 概要

商品概要

タイトル:ドラゴンクエストウォーク
ジャンル :位置情報RPG
対応機種:スマートフォンアプリ(iOS/Android)
配信開始日:2019年(予定)
料金形態:アイテム課金型(基本プレイ無料)

スタッフ

ゼネラルディレクター:堀井雄二
キャラクターデザイン:鳥山明
音楽:すぎやまこういち
開発:株式会社コロプラ
企画・制作:株式会社スクウェア・エニックス

β版体験会

正式リリースに先駆けて、いちはやくプレイ出来る機会が6月11日より提供されます。体験会参加には応募が必要。公式サイトより申し込みが可能です。募集期間は6月5日まで。

募集人数は2万名(iOS版1万名、Android版1万名)。

※体験会は関東圏(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)のみで実施されます。
※応募には、スクエニ メンバーズへの登録が必要
※参加できるのは18歳以上。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で