モイ!

ライブ配信サービス「TwitCasting(ツイキャス)」を運営するモイは4月1日、同サービスにおいて、任天堂と任天堂の著作物の利用に関する包括的許諾契約を締結したと発表しました。

これによりユーザーは、任天堂から個別にゲームの利用許諾を受けることなく、ツイキャスでゲーム実況配信などが可能となり、また収益化もできるようになります。これにあわせ、ツイキャスに「ゲーム:任天堂」カテゴリが新たに追加されました。

TwitCasting(ツイキャス)で任天堂タイトルのゲーム実況配信が可能に

モイと任天堂が著作物の利用に関する契約を結んだことで、「TwitCasting(ツイキャス)」にて、任天堂タイトルのゲーム実況配信などが可能となりました。

任天堂が定める 「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」および、モイが定めるガイドラインに沿ったかたちであれば、任天堂から個別にゲームの利用許諾を受ける必要なく、ユーザーは任天堂タイトルを使用してゲーム実況配信を行えます。

さらに、ツイキャスのマネタイズ機能「アイテム収益」「動画収益」を通じて収益化が可能に。任天堂タイトルを利用したゲーム実況でアイテム収益機能を有効にすることができでき、配信動画を公開し収益が受け取れるようになるということです。

YouTubeやニコニコ動画等に続いて、ツイキャスでも任天堂タイトルを使用したゲーム実況・収益化が気軽に行えるようになりました。SNSなど、任天堂タイトルのゲーム実況を見かける機会がさらに増えることとなるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で