昨年7月にアメリカのシカゴで開催された『ポケモンGO』のリアルイベント「Pokémon GO Fest」。リアルワールドで行われる初のイベントでしたが、当初想定したようにはイベントは進まず、ネットワークや負荷対策が充分ではなかったなど技術的な問題もあって大規模障害が発生。散々な結果に終わりました。

Niantic は参加チケットの払い戻しや100ドルのゲーム内通貨、ルギアの配布といった補填を行ったものの、それでは納得できない参加者から、イベント参加に要したレンタカーや駐車料金、交通費、ホテルの宿泊料金、その他滞在費といったイベント参加のために負担した諸費用の返還を求め集団訴訟を起こされていました。

最終的に Niantic は、157.5万ドル(約1.68億円)を支払うことで和解したようです。補償に応じてもらえる人は、当然ながら実際にイベントに参加している方で(Go Fest にチェックインしている)、107ドル以上の返還を要求する場合は領収書の提出が必要だとされています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で