アマゾンジャパンは4月4日より、Amazon.co.jp が発送する商品の配送料を変更したと発表しました。配送料金の引き上げは2年ぶり。前回は2016年春で、全品送料無料が廃止に。購入金額が2000円未満の場合は配送料金がかかるようになりました。

今回の配送料改定の対象となるのは、購入金額が2000円未満の場合。配送地域や配送方法によっては、最大で従来の1.5倍になる場合もあります。

Amazon.co.jp の配送料金が値上げ

Amazon.co.jp には、Amazon.co.jp が商品を販売している商品と、マーケットプレイスの業者が販売している商品の2通りがあります。配送料金が変更されたのは、Amazon.co.jp が販売する直販のほうで、発表された4日注文分より新料金が適用されます。

新しい料金は、「本州・四国(離島を除く)」と「北海道・九州・沖縄・離島」の2つに区分。2000円未満の注文の場合、通常配送の配送料金は「本州・四国(離島を除く)」の場合は400円に、「北海道・九州・沖縄・離島」は440円となります。これまでは、2000円未満の場合は一律で350円でした。

注文金額旧配送料本州・四国(離島を除く)北海道・九州・沖縄・離島
2,000円 以上無料無料無料
2,000円 未満360円400円440円

お急ぎ便の料金も変更。従来は360円でしたが、「本州・四国(離島を除く)」は500円に、「北海道・九州・沖縄・離島」は540円となります。当日お急ぎ便の場合は「本州・四国(離島を除く)」が600円、「北海道・九州・沖縄・離島」が640円。

ただし、発売日・発売日前日お届け対象商品をお急ぎ便で注文した場合は一律360円となります。

旧配送料本州・四国 (離島を除く)北海道・九州・沖縄・離島
お急ぎ便360円500円540円
当日お急ぎ便514円600円640円
お届け日時指定便360円500(600)円540(640)円

なお、Amazonプライム会員や Prime Student 会員は今回の価格変更の影響を受けず、これまで通り配送料無料で利用できます。

国内でもネット通販が拡大する一方で、それを消費者へと届ける宅配業界は人手不足が続いています。アマゾンが物流コスト上昇などを消費者に転嫁する動きを見せたことで、値上げが他社にも波及する可能性があると日本経済新聞は伝えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible