KDDIとスペースX、能登半島の避難所にStarlink 350台を無償提供


KDDI

 

KDDI はスペースXの日本法人であるStarlink Japanと協力し、衛星ブロードバンドStarlinkを石川県能登半島の避難所などに無償で提供します。

この取り組みは、被災地における避難所での通信支援を目的に、石川県と総務省の要請と協力に基づき実施するもの。両社は2024年1月7日、350台のStarlinkを石川県県庁舎に搬入しました。

また両社は、自治体や自衛隊をはじめとする関連機関と連携し、各避難所へのStarlinkの設置を進めていくとのこと。これにより避難所で過ごす方々や救援活動に従事される方々が、緊急時の情報収集や関係者への連絡を迅速に行えるよう支援します。

Starlinkはアンテナが小型・軽量のため運びやすく、短時間での設置や Wi-Fi 環境の構築が可能。Starlinkの通信衛星は地表からの距離が近い高度550kmの低軌道上に配置されていることから、低遅延かつ高速なインターネットが提供されます。Wi-Fi 対応機器があれば au 以外の通信キャリアを利用している場合でも無料で利用できるとのこと。

KDDIでは別途、能登半島地震のエリア復旧において車載型/可搬型/船舶基地局のバックホール回線にStarlinkを利用しているほか、自衛隊/自治体/電力会社などへStarlinkの提供も行っています。今回の提供とあわせて、合計で約700台のStarlinkを支援に活用しているということです。

関連キーワード

share