ドコモに続いてソフトバンクとKDDIも「解約金(契約解除料)」を撤廃へ


 

ソフトバンクは2021年10月26日、ソフトバンクとワイモバイルにおける携帯電話料金プランの契約解除料を2022年2月1日より撤廃すると発表しました。

2019年9月の電気通信事業法改正前に2年契約のプランに加入した場合、定められた期間以外で解約すると原則1万450円が請求されていましたがこれが不要になります。

契約更新月以外の期間に解約する場合に発生していた契約解除料金がなくなることで、他社への乗り換えがよりしやすくなります。

契約解除料の撤廃はNTTドコモが10月より開始。ソフトバンクはそれに追随する形。報道によればauのKDDIも今年度中に撤廃する方針だということです。

携帯大手3社、契約解除料が撤廃へ

  • NTTドコモ : 2021年10月より撤廃
  • ソフトバンク : 2022年2月より撤廃
  • KDDI : 2022年3月までに撤廃する方針

なおソフトバンクでは契約解除料の撤廃にあわせ、一部の定額サービスや料金プランで提供してきた長期継続特典の提供を終了します。「半額サポート」の特典を受けるための条件も、2022年3月末をめどに一部変更になります。新しい条件では、通信契約を継続しなくても他の条件を満たせば利用できるようになります。


share