ポケモンGO:1人あたり課金額では日本が他国を圧倒、最大市場アメリカの3倍以上

配信開始から1年が経過した、『ポケットモンスター』のリアルワールドゲーム『Pokémon GO』。当初の世界的熱狂は落ち着いたものの、今年1月にはモバイルゲーム市場最速で世界売上の10億ドル突破が調査会社から報告されるなど、継続的に遊んでいるトレーナーのエンゲージメントは高い傾向にあるようです。

アプリ配信から1周年を迎えて SensorTower は新たな調査結果を報告。ポケモンのお膝元である日本トレーナーの1人あたり消費支出は、他国を大きく上回っていることが明らかになりました。

ポケモンGO:日本のトレーナー、1人あたりの課金額で他国を大きく上回る

調査会社 SensorTower の最新報告によると、『ポケモンGO』はこれまでに、App Store / Google Play のアカウント単位ダウンロード数が累計3億2900万回を記録(Niantic 公式は累計7億5000万を突破と報告しています)。収益はおよそ12億ドルに達していると推計されています。

国別で最も支出額が大きかったのは、モバイルの最大市場であるアメリカ。米国トレーナーが1年で課金した総額は約4億2400万ドルでした。2位につけたのは、市場規模でもアメリカに次ぐとされている日本で、3億1800万ドルを販売したと見られています。

一方、1人あたりの課金額では日本が他国を圧倒。ぶっちぎりってやつです。2位アメリカの平均7.7ドルを3倍以上引き離す、平均26.0ドルがポケモンゲットに費やされました。10位に入ったフランスの1人あたりの課金額は平均2.8ドルでした。

日本のモバイルゲーマーは他国のゲーマーよりも課金しやすい傾向にあると SensorTower は指摘。中でも『ポケモンGO』とは相性が良かったようで、たとえば Supercell の『Clash Royale』のプレイヤーにおける平均支出額は、日本が23ドルなのに対してアメリカは22ドルと、ほとんど変わりませんでした。

別会社ですが、App Annie の調査だと、日本のゲーマーは1時間あたり平均14ドルをモバイルゲームに費やすと報告され、イギリスの4.6ドルやアメリカの2.4ドル、中国の2ドル、全世界平均0.8ドルなど他国を大きく引き離しています。

share

Amazon セール・キャンペーン

Amazonチャージ初回購入で最大 2,000 ポイントもらえる

Amazonの買い物なら、Amazonギフト券を使うのがお得。Kindle本の購入にも使えるAmazonギフト券(チャージタイプ)は、現金で5,000円以上の残高を追加するたびにポイントが貯まります。

通常会員なら最大2%、プライム会員なら最大2.5%がポイント還元。

今なら初回購入で最大2,000ポイントがもらえる。

Amazonギフト券チャージ : 初回チャージで最大2,000 円分ポイントがもらえる

Kindle Unlimited 読み放題

「Kindle Unlimited」は、月額 980 円で小説やコミック、ビジネス本、実用書、雑誌など幅広いジャンルの電子書籍が読めるサブスクサービス(定額制読み放題サービス)。初めての方は30日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセルでき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

Kindle Unlimited を無料体験

Amazon Music Unlimited

「Amazon Music Unlimited」は月額 780 円(Amazonプライム会員の場合。一般会員は月額 980 円)から利用できる、7,500 万曲以上を楽しめるサブスクサービス(定額制音楽配信サービス)。初めての方は 30 日間無料体験。体験期間中にいつでもキャンセル・プラン変更でき、途中でキャンセルしたら料金はかかりません。

一部の楽曲は Ultra HD 音質にも対応する、より高音質な「Amazon Music HD」へのアップグレードも無料。

Amazon Music Unlimited

Amazonパントリー おまとめボックス

食料品や日用品を、ひと箱にまとめて1回で受け取れる。いつもの買い物の手間を減らせる「Amazonパントリー」を、すべてのAmazonユーザーが利用可能に。買い物がお得になる割引クーポンなども配布。

Amazonパントリー 対象商品をチェック