楽天グループのクレジットカード「楽天カード」。一括の他にリボルビング払い(リボ払い)にも対応していますが、返済額を少額にしていると、いつまで経っても支払いが終わらない。+手数料の支払いも増えていくなんてことになりかねません。

キャンペーンが頻繁に実施されているので、一気に返済するともらえるポイントによってはおトクに利用できる場合もある楽天カードのリボ払いですが、利用するならリボ払いの仕組みや返済額を理解しておく必要があります。

リボ払いは、利用金額や件数にかかわらず、毎月の返済額をほぼ一定にして、月々の負担を軽減する支払い方法。ただし実質年率15.00%の手数料がかかるので、支払い期間が長引くような金額での返済は避けたほうがいい支払い方法です。

楽天カードでは、リボ払いに設定すると、前月末時点の利用残高に対して、実質年率15.0%を乗じた額が手数料として上乗せされます。買い物が増えてくると完済までの支払金額の計算が難しくなってきます。そんなときのために、ショッピングリボ払い返済シミュレーションが用意されていて、利用予定金額と月々の支払金額を入力すると、支払総額や完済までの期間がざっくりわかるようになっています。

リボ払いにしたときの返済金額

楽天カードでは、利用残高に応じて、月々の返済額の下限が次のように設定されています。

リボご利用残高 月々の返済金額
〜20万円以下 5,000円
20万円超〜 10,000円

ただしこれでは完済までに時間がかかりすぎます。月々の支払金額を変更したいときには、楽天e-NAVIの「お支払い方法変更」>「リボお支払いコースの変更」へと進み、月々の返済金額を変更することができます。

ショッピングリボ払いの場合、月々の支払金額に指定できる金額は、5000円〜99万9000円まで(1000円単位)。
キャッシングリボ払いの場合、3000円以上1000円単位で設定(リボ残高によって最小返済額は異なります)。

支払月の10日22時までに変更すると、当月の請求分より変更後の支払金額が適用されます。11日以降に変更した場合は、翌月請求分から適用されます。

一括返済する

財布に余裕ができ、リボ払いの支払い残高を一括返済したい場合、「リボ残高のおまとめ払い」を利用することで利用残高の一部または全額を、次回支払い時にまとめて支払うことができます。

このときに注意したいのは、設定する金額は支払金額ではなく、現在の支払金額に加算する金額である点です。思ったより負担が大きくなりすぎないように気をつけましょう。ただ長期的に見たときには、できるだけ支払期間を短くしたほうが、トータルの支払金額を節約することができます。

リボ払いを解除する方法

楽天カードは自動リボ払い機能があります。申込時のキャンペーン等もあるため、意識しないまま設定している方が多いかもしれません。自動リボの登録状況は楽天e-NAVIから確認できます。もし不要であれば、解除しておきましょう。

「リボ・キャッシング」>「自動リボの登録・解除」へ進むと、登録状況の確認や登録・解除ができます。「自動リボの登録・解除」>「確認画面」へと進み「解除する」を選択することで自動リボを解除できます。登録する時の手順も同じ。

利用していない場合は「現在、自動リボサービスにご登録いただいておりません。」と表示されます。

まとめ

というわけで、楽天カードのリボ払いについて、月々の返済金額を変更する方法と手順、また登録解除の方法でした。

毎月の支払額が一定になることで、負担が軽減されるリボ払いですが、であるがゆえに、本来の返済能力以上の買い物をしてしまう可能性もあります。また支払期間が長引けば、高利率の手数料や利息がどんどんかかってしまいます。

楽天カードではおトクなキャンペーンも展開されているのでつい登録してしまいがちですが、利用するにしてもできるだけ支払期間を短く、支払い可能な範囲内で賢く利用するようにしたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で