【au WALLET】「au PAY」へ名称変更、機能・サービス追加で「スーパーアプリ」へ

KDDIは2020年2月4日に、現在の「au WALLET アプリ」を「au PAY アプリ」へと名称変更します。

ただ名前が変わるだけでなく、1つのアプリでユーザーの家計や日常生活にかかるすべての入り口となる、金融サービスに強い「スーパーアプリ」化を目指します。

2月4日の名称変更にともない、「au PAY」が前面に。アプリトップ画面に「au PAY」の決済コードを表示できる機能が追加され、買い物の際にすぐに決済サービスを利用できるようになります。

また3月以降は公共料金等の請求書の支払いもできるようになります。

飲食店の事前注文やタクシーの配車予約などを、アプリ内で完結できるサービスも追加される予定。その他にも日常生活をより便利にするためのさまざまなサービス追加を予定しているとのこと。

au WALLET アプリは au PAY 提供開始に合わせたリニューアルの際、決済や投資だけでなく、送金、ふるさと納税、エンタメなど様々なサービスの入り口となるよう進化しています。ここへさらにおつり投資や公共料金の支払い(3月予定)、au PAYカードオートチャージ(20年度上期予定)など、新たなサービスが加わっていきます。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible